はじめに

1p1490287川俣湖にて、、、

1p1430205ようこそ!日光「ふぃふぁ山荘」へ・・・

「ふぃふぁ山荘」は世界釣連盟(Federation International Fishing Association)
に加入されている方の交流を図るべく設けられた架空の保養施設です。
小生は、この「ふぃふぁ山荘」の管理人をしています。
そしてこのblogの管理人でもあります。

 このブログは、世界遺産日光とその周辺の観光・グルメ・温泉・お土産・鱒釣り・アウトドア・街づくり・イベント等々
有名情報誌には中々記載されない
よそ者の目から見たニッチな情報をお届けしています。

「ふぃふぁ山荘」は、日光で新しい試みに挑戦されている方達を、勝手に応援させて頂きます。

 日光観光案内マップ製作中!!
「グルメマップ」 「かき氷マップ」 「日帰り温泉マップ」
「駐車場マップ」 「観光・名所マップ」 「お土産マップ」

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

ご注意!
※ このブログに掲載されている写真・文章などの無断使用を禁じます。
※ NAVERまとめサイトなどへの、許可なき写真・内容のリンクを禁じます。
※ 過去記事は、内容が変更されていることがあります。 
※ 記事の内容はオヤジの独断と偏見で記載しています。
※ 不愉快な内容、記事に関係無いコメント等は 勝手に削除させて頂きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

日光だいや川公園 ヤマユリまつり開催中

1p1490181
県営日光だいや川公園にて、
7月29日までヤマユリまつりを開催しています。

山百合は日本特産のユリで、日本自生の花の中では例外ともいえるほど、甘く濃厚な香りがする。
発芽から開花まで5年以上かかり、株が古いほど多くの花をつける。

1dscf1023

山に自生する為、日光には群生地が多く、
色んなところで、このド派手な花がご覧になれます。

だいや川公園のヤマユリは、、、、
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

七滝 日光の滝 (上三依)

1p1480350
上三依水生植物園へ向かう遊歩道の途中にある七滝。

男鹿川の支流、尾頭沢にある七段の小さな滝です。

説明板には、、、、
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

日野為商店 お休み処「叶」 歴史の古民家カフェがオープン!【日光のグルメ563】(今市)

1p1490065
江戸時代から、この今市の日光街道沿いで「叶一」といブランドで味噌・醤油を販売している日野為商店が、2018年7月1日に、創業150周年を機に、気軽に休める街の茶屋「お休み処叶」を併設して、リニューアルオープンしました。

創業1868年(慶応4年)江戸末期の建物をそのままに、
店内には、カフェを併設していて、明治~大正・昭和の各時代の貴重な生活用品や蔵出しの資料をギャラリーとして展示もしています。

1p1480947
中を覗いてみると、、、
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

水を大切に!鬼怒川水系ピンチ!!(2018年7月現在)

1p1490663
2018年7月、西日本を中心に記録的な集中豪雨で甚大な被害が発生していますが、ここ栃木県の鬼怒川水系上流の4つのダムの貯水率は、皮肉にも平年の60%(7月18日現在)となっています。
詳しくは→(こちらで)

1p1490288
先日、7月15日に鬼怒川最上流の川俣湖を訪れてみたら、、、
驚きの状況です。
(7月18日現在)4つのダムで最も少ない貯水率22%となっています。

1p1490287
7月の平均降水量も41%と、上流は雨が降ってなく、
このままだと、深刻な水不足となるかもしれませんので、
節水に協力いたしましょう~

そして、前半に雨が少ないと、
後半豪雨になる可能性もありますので、
日々の防災に努めましょうね!

今日の一言!
最近は、極端な気象が当たり前になってしまったな~

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

コーヒーハウス もえぎ ひっそりと佇む喫茶店を発見!【日光のグルメ 562】(板橋)

1p1440796
JR文挾駅から徒歩20分、
板橋の住宅地にあるひっそりと佇むコーヒーハウスもえぎ。

前を通るたびに中はどうなっているのか気にはなってましたが、、、

やっと、潜入する時が来ました~w

1p1440798
店内は、、、、
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«安産地蔵尊 今市宿地蔵めぐり