« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日 (金)

日光でバドミントン!

PA030035 観光客の方にはあまり関係ありませんが・・・
日光にはパチンコ屋さんがありません,映画館もありません。
今市や宇都宮まで行けばありますが、いったん雨が降ると楽しみが半減してしまいます。
特に日光は雨が多い所なのです。
長期滞在者にとっては娯楽が少ない街なんです。
屋内で遊べる施設は、
霧降メルパルクの屋内プールと霧降屋内スケートリンク
そして事前に予約が必要な市営の体育館等々。

「もう少し手軽に遊びたい~」そんな時にはここ! 
「たつみスポーツセンター」
東武日光駅から車で7分位。
国道119号線沿い日光と今市の市境にあります。
ゲームセンター・卓球・ビリヤード・そしてバッティングセンターもあります。 
そして、ここには体育館があるのです。中でバトミントン・テニス・バスケット等が出来ます。
ちょっと古いので床が凸凹ですが・・・
雨の日の憂さ晴らしにはもってこい! 
以前、子供がバドミントンを習っているので試しに体育館を借りてみました。
バトミントン1面 1時間 1500円 家族で遊べるので安上がりです。

卓球 10分100円  ビリヤード 一人 20分100円 等々 たまには、如何でしょうか?

(尚、体育館を借りる場合は、事前に℡で空いているか確認した方がいいと思います。)

住所 日光市野口40-3  ℡0288-53-5338 10:00~24:00


2009年2月現在 体育館は解体されました。

清き一票を!  人気blogランキングへ"> 

PA030047 PA030046 PA030039

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

温泉三昧 1-2  神山温泉

R0012599

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

温泉三昧 シリーズ第一回目でご紹介した
「神山温泉」 (8月10日記事参照)
理人一押しの温泉です。

  

続きを読む "温泉三昧 1-2  神山温泉"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

日光でクリスマス!

PC240093  山荘に置いてあるタイヤのカバーが、いつのまにか無くなっていました。
紐もちゃんと縛っていたし・・・そう簡単には取れないのだけど・・・・
980円の出費 チックショー!!
犯人は猿??




PC240105 PC240096 先週末は管理人の家族も山荘に来て、地元の友人家族らとのクリスマスパーティ。
子供8名、大人8名の総勢4家族16名様。
子供の幼稚園時代のお友達家族です。
5年経った今でも遊んで頂き感謝感激!
久しぶりのお客様で管理人も大忙し。
でも楽しい一日でした。
PA310119暖炉にも火が入り、窓の外は雪景色。
絵に描いたようなクリスマスでした。
本当に久しぶりに暖かい山荘。(皆さんは寒いと言ってましたが管理人にとっては十分暖かかったのです。)

今年は暗い事件が多く、最後になって今市のあの事件・・・
皆、学校は違うけど同じ今市市内だから色々大変だそうです。
一刻も早く解決してもらいたいものです・・・・・

宿泊人数 管理人を含めて12名。
また遊びに来てください。
PS、 友人のいとこ様が管理人がよく見るサイトの三人組のお一人と分かり、
酔った勢いで突然電話をしてしまい、ご迷惑をおかけしました・・・
世の中狭い・・・本当に悪い事出来ません。
今度、釣りや山菜取り教えてください・・・・


清き一票を!  人気blogランキングへ"> 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

足尾銅山 1

P7140002

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

何故このようなところが今でも残っているのだろうか?
その光景をまじかに見たとき寒気がした・・・・

  ↓

 

続きを読む "足尾銅山 1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

日光 グルメ 9 中国料理 香楽

Pc150169_2

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

ラーメン一杯650円・・・今の相場ですかね?

よ~く考えてみると高すぎませんか?
と言う事で、最近のラーメン屋さんに物申す!

  

続きを読む "日光 グルメ 9 中国料理 香楽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

ビバーク生活 4

PC190173 PC190175  三日ぶりの山荘。室温-1度 外は-6度
夜に雪かきです。
山荘に降る雪は、アスピリンスノーなので軽くて助かります。 
う~ん~??管理人の足跡と・・・・・

鹿君!留守中に、勝手に玄関通らないでください~

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

日光で俳句!

DSC02211 寒夕焼  山の大きくなりにけり
(日光連山に夕日が沈む時)

雲へ向くリフトの膝に夏帽子  
(霧降高原のキスゲ)

光背のごとき山並冬の滝
(霧降の滝)

市役所はお城のかたち木槿咲く
(日光市役所)

ちょっとコマーシャル。

義母が句集を自費で出版しました。
句集を出すとなると結構な出費だそうです。
日光が大好きで、たくさん日光の俳句を書いてます。
興味のある方は、出版社へ問い合わせ、もしくは管理人までメールをください。

句集 霧の音   
 
北溟社 現代俳句10人集  2900円

ほくめい出版/北溟社
〒162-0801 東京都新宿区山吹町344第三英晃ビル2F
Tel:03-5225-0723  Fax:03-5225-0724

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

日光金谷ホテルでクリスマス!

Pc060181

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

メリークリスマス!
ちょっと早いですね・・・

 

続きを読む "日光金谷ホテルでクリスマス!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

ビバーク生活 3

Pc130032_2_2

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

今年は、例年になく寒いです。
週末は実家に戻っていたので月曜は大変でした。
室温-1度!給湯器の水道管が凍りついてお湯が出ませんでした。
今朝(13日)は、2センチ位雪が積もりました。

 ↓

続きを読む "ビバーク生活 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

温泉三昧 7  日光温泉浴場

SH000800a 市営の「日光温泉浴場」はJR日光駅から今市方面に向かって徒歩25分位の住宅地の外れにあります。ここは、加温・加水・循環と三拍子そろった温泉です。
湯船も洗い場も小さく 5・6人でいっぱいになります。
サウナが片方にしかないので日替わりで入れ替わるようです。(サウナがないからと言って安くはなりません。)
和室の休み処はちゃんとありますが、観光客の方にはあまり向いていないかもしれませんね。
管理人はたまに行くんです。今時、掛け流しでない温泉に・・・
最近の温泉は健康志向で温めのお湯が多くて・・・
たま~に物足りないなと思った時に行きます。
ここのお湯は、暴力的とまで言える程熱いお湯!昔しの銭湯を彷彿さてくれます。
たまには痛いほど熱いのも気持ちが良いものです。
でも子供は熱くて泣きじゃくり・・・そして水でじゃんじゃん薄めます。
もうこれは温泉ではありません。
掛け流しの熱い温泉なら「効能がなくなるから水で薄めるな!」と怒るオヤジもいますが、ここは元々加水してるので・・・・
でも日光の水でオーバーフロー・・・物は考えようですが結構贅沢ですな!
日光の水は日本有数の美味しい水。ペットボトルで持ち帰る人も沢山いるんです。
店で売っている飲料水にも負けません!
管理人の子供は軽いアトピーで東京のお風呂に入ると痒くなるので大変です。
でも日光の水で沸かしたお風呂ではまったく症状が出ません。
これなら温泉と変わらないかも?
平日の夜は地元の人ばかりで、四方山話を聞くのも楽しいもので本当に銭湯に来ているようです。
そしてなんと、地元の人は200円! 東京の銭湯の半分ですよ。

無理に温泉に固執しないで いっそ日光銭湯!にしたほうが納得して入れるかも?

利用料金 大人(中学生以上)400円、65 歳以上及び小学生200円。
利用時間 10時~21時。
休 館 日  毎週
火曜日(祝日のとき翌日)、年末年始。
☎ 0288-53-3630  
住所 栃木県日光市七里689-1

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

日光温泉浴場

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月11日 (日)

商店会に物申す! 2

P5150054

日光に車で来られる観光客の皆様、お土産はどのように買われていますか?
多分、る○ぶやマッ○ルなどの有名情報誌であらかじめ買うところを決めて、
「ここだ、あった!」とお店の前に車を止める。
そしてお土産を買ったらそそくさと車に乗って帰る・・・こんな感じでしょうか?
東武日光駅から東照宮まで徒歩25分強。
歩いて行かれる方はどれだけいるのでしょうか?
この通り、管理人から言わせてもらいますと・・・
あまり歩いて楽しくない通りなのです。
残念ながら他のどの観光地のメイン通りと比べても、見劣りをしています。
歩いて楽しい街並み!たった25分の道のり・・
都会の人は、いつも苦も無く歩いています。
ウインドゥショッピングなんて管理人は疲れるので
付き合いませんが数時間は歩くのです。
銀座・原宿・青山・六本木・・・お店が楽しいから時間も忘れて歩くのです。

都会だけではありません、
福島南郷にある大内宿なんて
少し景色が良くて藁葺き屋根の家(殆ど土産物屋さんになってます)が
1キロ弱並んでいる所を、ただ歩くだけなのに年間70万人も訪れるのです。
ここは車でないと行けない所で、
広い駐車場に強制的に停めさせられて(それも有料です)
そこからぞろぞろと歩くのです。
メインの観光名所に行く為に歩くのではなく、
景色と街並みとお土産と昼食目当てだけで歩くのです。

松山市は、‘まち交’の予算等で都市再生プロジェクト発足して、
まち全体を屋根のない博物館とみなす『坂の上の雲』フィールドミュージアム計画をしたり、
高山市ではウォーキングシティ構想「潤いのある懐かしい景色の中を歩いて楽しみ心をつなぐまちづくり」を基本コンセプトに計画をしています。
日光市は「聖域の道・にぎわいの街」で調査をしているようですね。

何故日光の通りは寂れたのか?
お店に魅力がないから?寂れたから魅力がなくなったのか?
それとも車で来る人が多くなった為、歩く人が減ったからなのか? 
このような議論は、いつも卵が先か鶏が先か?・・・ですね。

それにしても、ご当地の方々は観光客を歩かせようとする努力が足りないと思います。
地方の車社会に慣れてしまった人とは違い、
都会の人は結構歩くのが苦にならない人が多いのです。
車で来る人が多いのならその人を歩かせるには?
管理人が初めて車で日光に行くとしたら、
ゆっくり東照宮までお店を見ながら歩きたいと思います。

でも駅のそばや通りの途中に駐車場があるのかな?
商店会の皆様は本当にPR不足ですよ!
実は、国道沿いには「無料駐車場」がたくさんあるではないですか!
管理人が知っているだけでも下から、
日光消防署の前・日光郷土センターの駐車場や
その奥にも数箇所・日光市役所の駐車場も休日は開放してます。
神橋の手前、向い側の国道から少し奥にある大谷川沿いにも・・

国道沿いではありませんが日光駅の反対側の大谷川河川敷・
そば処たくみ庵の裏の公園等々・・・
最近は「無料駐車場」の看板を目にするようになりましたが・・・

このご時世、ネットで調べて予定を立ててから来る人が多いのだから、
その時点でその気にさせないと・・・
折角、無料駐車場があるのにもったいない!

管理人は、不器用で面倒臭がりやなので地図に貼り付けるてPRするのはご勘弁!
商店会の方や観光協会の方・・誰でもいいので観光客の人にもっと分かるようにアピールしては如何でしょうか?
当然、有料駐車場もたくさんあるので車で来られても、
安心してゆっくり歩いて散策出来ることを・・・・

でも、折角歩いてもらっても「つまらない~!」と言われないよう
商店会の皆様は是非頑張ってください! 

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

ビバーク生活 2 

Pc130032_2

女峰山(標高 2483M) 管理人が好きな山です。
先日紹介した男体山とは全く異なり
アルペン的な雰囲気を持つ山並や冬期の雲龍渓谷の氷瀑など、
表日光連山を代表する名峰です。
残念ながら登ったことはありません・・・
でも見てるだけでもいいのです!

  

続きを読む "ビバーク生活 2 "

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年12月 7日 (水)

ビバーク生活始まる!

Pc070002

寒いです!
今朝は冷え込みました。
写真は日光連山の中心的存在の男体山(標高2484M)です。
冬は本当に綺麗に見えます。

  

続きを読む "ビバーク生活始まる!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

冬将軍到来!

Pc050153_4

先週の木曜日から東京の実家に戻っていました。
東京も週末はとても冷え込みました。

  

続きを読む "冬将軍到来!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

日光のお土産 5  小野口商店

PB010119 日光のお土産と言えば‘たまり漬’が有名です。
でも実際に作っているのは隣街の今市が多いのです。(来年には市町村合併で今市市も日光市になります。)
今回ご紹介するのは、
今市にある「小野口商店」
たまり漬の素’ 中瓶1本550円
味噌のたまりで、まさに名前の通りたまり漬けを作る素です。
PB010121きゅうりやキャベツ等の野菜とたまり漬の素をジプロックなどのビニールパックに入れ、軽く揉んで一日(10分位で食べられるようになります。)置けば簡
単浅漬物の出来上がりです。こくがあって旨いのです。
おにぎりに塗って焼けば美味しい焼きおにぎりの出来上がり。
そしてここは、お味噌やひしお(なめ味噌)もあります。と言うか手作り味噌の店なんです。
PB010122地方発送もしていますので、一度試してみてください。簡単で美味しく出来る魔法の調味料です。リピーターの人も多く、東京の知り合いにも沢山ファンがいるので管理人はたまに車でまとめて買いに行きます。

119号国道沿い 今市宿市縁ひろば向い 
栃木県今市市今市498  0288-21-0422

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

小野口商店

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

日光の近代史 5 金谷ホテル2

金谷ホテルも再生が決定してホットしたところで続きを始めます。

その1はこちら!

二代目の金谷真一氏について,
谷善一郎の長男真一はJ.M.ガーディナーが校長をしていた立教学校に入学(詳しくは日光近代史 3 日光真光教会)
金谷カッテージ・インから念願の現在地に移つり金谷ホテルとして開業。
当時の金谷ホテルは
決して順調とは言えませんでした。
ライバルのホテルもたくさん出来、競争も激化していたようです。
金谷は他のホテルより抜きん出るためサービス向上 設備向上の努力を惜しみませんでした。

後を継いだ二代目金谷真一氏は相当先進的な方だったようです。

明治時代に自家発電所をドイツのシーメンス社から購入したり、
PC140148 栃木県で一番最初に電話を入れたり・・・
大正5年には単独でアメリカデトロイトにあるフォードの工場に訪たそうです。(フォード自ら工場を案内してくれたそうです。)そして日本に戻りフォード代理店から自動車14台を購入して日光自動車会社を設立しました。
又、スケートリンクを作ったり、スチーム暖房を採用したりと明治・大正時代としては本当に画期的な事だったのでしょう。
金谷だけでなく日光という街自体が、東京からこんなに離れていたのに信じられないほど先進的だったのでしょう!
また、彼は44歳の時(大正14年6月~半年間)単独で世界一周をしています。
彼は世界中の一流ホテルを泊まり歩き、ドイツのシーメンス社等も訪れたそうです。
まさに彼は世界を股に掛ける男だったんですね!
明治時代の人達のバイタリティには感服です!
実は彼の弟の金谷正造氏も凄いんです。 
彼は若い頃、世界を一人で放浪して見聞を広めました。
武道に精通していて現地で道場を開いたり、
今で言うK‐1のような異種格闘技に挑戦したり、かなり破天荒な人だったようです。
日本に帰国後、箱根の富士屋ホテルの創始者である山口仙之助の婿養子となり、
二代目社長となっています。

現在 再生した金谷ホテルが井上社長から
元富士屋ホテル副社長の秋山氏が新社長になったのもこのような繋がりからなのでしょう。

先にも述べましたが、
日光金谷ホテルの建物が国の登録文化財として答申されたそうです。
登録有形文化財は、文部科学省に設置された文化審議会によって文化財として価値のあるものと認められた建築物などが、
文部科学大臣によって文化財として登録されるものです。
日光金谷ホテルは、歴史的価値のある本館(新設部を除く)、新館、別館、スケートリンクに隣接する竜宮(観覧亭と展望閣)が対象となっているそうです。

これからもこの貴重な文化遺産を守り続けていって欲しいものです。
当然管理人のお気に入りのBARも・・・・

尚2006年1月5日から3月31日まで耐震構造及び設備の改修工事で日光金谷ホテルは休館となるそうです。

参考資料 森と湖の館 等々

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 1日 (木)

日光の近代史 4 金谷ホテル

V_pimg1

日光の近代史の中心的存在 「日光金谷ホテル」
今回は金谷ホテルの歴史その1です。
明治初期、東京や横浜の外国人居留地にいた外国人達は
夏の蒸し暑さにに絶えかねて、日光に避暑に来るようになった。
当時日光にも旅館はありましたが、外国人の宿泊は敬遠される事が多かったようです。

東照宮の楽職(笛の一種の笙の役)の金谷善一郎は、
泊まるところがなく困っていた外国人「ヘボン式ローマ字綴りでお馴染みのアメリカ人J.C.ヘップバーン(ヘボン)博士」を
善意で自宅に泊めてあげたことから「金谷ホテル」の物語は始まります。
その時ヘボン博士に外国人専門のホテルを勧められ、
2年後の1873年(明治6年)自宅の一部を宿泊施設とした「金谷カッテージ・イン」(侍屋敷)を始めました。
これが金谷ホテルの前身です。

1878年(明治11年)には、ヘボン博士の紹介によって訪れた英国人旅行家イザベラ・バード女史がつづった「日本奥地紀行」や、
当時の在日英字新聞などで紹介されるや、「金谷ホテル」は「日本のリゾート避暑地=日光」のホテルとしての地位を確実なものとしました。

そして1893年(明治26年)に、日光山内をのぞむ現在地に建設中の三角ホテルを買収して、洋室30室の「日光金谷ホテル」として営業を開始しました。
1897年(明治30年)帝国ホテル(東京) 都ホテル(京都)、富士屋ホテル(箱根)、大阪ホテル(大阪)とともに
「5大ホテル同盟会」を結成し今でもクラシックホテルの代名詞になっています。

現金谷ホテルも築112年ですが・・・
実は「金谷カッテージ・イン」132年の歴史的建物もそのままの姿で現存しているのです。建物は200年を経ていて名実共に日本で現存する最も古いホテルです。
宿泊客は頼めば見せてもらえる事もあるそうです。
管理人も少しだけBARの馴染客なので予約すれば見せてもらえるようになりそうです。
二代目金谷真一様の話は、また後日・・・

その2へ続く、、、

先日金谷ホテルの再生が決まりました。
県内企業や個人から小口資金を集めるファンドや、JR東日本、東武鉄道、東京電力、NTT東日本などの大手企業が出資するファンドの支援を受けて、経営再建に取り組むことになったそうです。
足銀などの取引金融機関は債権放棄など約43億円の金融支援を行い、井上社長は経営責任を取って退任し、神奈川・箱根の富士屋ホテルの秋山剛康・元副社長が後任に就くことになったそうです。
マッ 一安心ですね!
管理人も微力ながらデイサイトに通い再生の御手伝いをする所存でございます。

尚、日光金谷ホテルは1893年創業。現在の本館は今年、国の登録有形文化財への指定が決まったそうです。(読売新聞より)

日光金谷ホテルは 2006年1月5日から3月31日まで耐震構造及び設備の改修工事の為休館となるそうです。

参考資料 森と湖の館 等々

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »