« 日光のお土産 6  ゆば | トップページ | 日光の近代史 6 日光山内御用邸 »

2006年1月 5日 (木)

ビバーク生活 5

今日は仕事始め。
朝東京から直接仕事場に通勤。
帰宅途中、体を温める為いつもの「日光小倉山温泉 春暁庭ゆりん」に寄ることに。
今日は、アイスバックス・チチハルの試合があった為、
日光霧降アイスアリーナにはたくさんの車が停まっていました。
一度は観戦したいと毎回思う管理人でした。

夜一週間ぶりに山荘に戻る。
室温-2℃! ものすごい白い息が出ます。
まるでエクトプラズムのように・・・・・

同じ温度でも2・3日空けたのとは格段の冷え方の違い。
部屋の空気が-2℃だけではなく、全ての物が-2℃。
触れるもの全てが凍てついてます。
実は管理人、年末から昨日まで風邪をこじらせ
38度以上の熱を出し寝込んでいました。
最悪のお正月でした。
P1050014 昨日からは37度の微熱になり、
今日も朝から37.2度と微熱が続いてます。
単なる風邪ではないような気もしてきました・・・
今週末まで熱が続くようだったら病院に行くことにします。
極度の病院嫌いの管理人です。
微熱の中、一人で夜山荘に戻り雪かきをして・・・
これはきっと何かの修行なのでしょう・・・・

2時間経っても部屋の温度は8℃にしか上がらず~
代わりに管理人の体温が38度になってしまいました。 
チックショ~ウ!

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

|

« 日光のお土産 6  ゆば | トップページ | 日光の近代史 6 日光山内御用邸 »

宿帳」カテゴリの記事

単身赴任のこと」カテゴリの記事

コメント

あららら。
病院行ってなかったんですか?!
まだお熱があるんですか?

ちょうど一年前でした。
悪寒がして節々が痛くなって来てちゃんと前兆があったですが
気合で直るって過信したのがそもそもの間違いの始まりでした。

風邪薬がなくバファりン飲んでその場をしのぎ
スポーツジムへ行って帰って来たらどんどん具合が悪くなり、体温は急上昇で40℃。
高熱にうなされ声が出なくなったものの、取り合えず37℃まで下がったので病院に行ったら

B型インフルエンザに肺炎のオマケ付き

2週間絶対安静になってしまった苦い経験有りです。

管理人さんへ

すぐに病院に行ってください!!

投稿: misia | 2006年1月 6日 (金) 10時15分

misiaさま
ありがとうございます。
来週も微熱続くようでしたら頑張って行きます。

投稿: 爆釣王 | 2006年1月 6日 (金) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/8019681

この記事へのトラックバック一覧です: ビバーク生活 5:

« 日光のお土産 6  ゆば | トップページ | 日光の近代史 6 日光山内御用邸 »