« そば早食い選手権! | トップページ | 日光でログハウス! »

2006年2月23日 (木)

日光の観光名所 殉死の墓

P9200234

「殉死の墓」
国道120号沿い、田母沢御用邸の対面、釈迦堂の西にあります。
高さ3メートルを超える大石碑24基が整然と2列に並んでいるうすら寂しいところです。
しかしこの巨大なお墓には、かなり有名な方々が眠っているのです。
殉死とは、高貴な身分の人や主君などの死に際し、その従者や妻子らが死者に随従するために自殺もしくは強制的に殺されることで、追腹(おいばら)ともいうそうです。
4代将軍家綱の時代から幕府は殉死を禁止、ここにあるのが
最後の事例だそうです。

P9200246前列左から5基が、慶安4年1651年4月20日の徳川3代将軍家光の死に際し殉死した側近の石碑です。
堀田正盛(下総国佐倉藩主) 安部重次(武蔵国岩槻藩主) 内田正信(下野国鹿沼藩主) 三枝守恵(書院番頭) 奥山安重(小十人頭)の5人。
残りの19墓は、将軍家康・秀忠に仕えた重臣の石碑です。
なかには、日光杉並木寄進者の松平正綱 春日局の元夫 稲葉正成の石碑もある。

これらの石碑は始めは東照宮奥の院にあったが1636年仏岩谷の妙道院に移され更に5年後妙道院とともに現在の地に移転されたそうです。
明治時代には絵葉書になるくらいの観光名所でした。
しかし今は訪れる人も少なくちょっとあれた感じ、、、
歴史の好きな方なら、こういう所好きかも知れませんね。
もう少し整備して、もう一度観光名所にされたら如何なものでしょうか?

P9200236裏にひっそりと並んでいるお墓、ずいぶんと変わった形をしています。
日光では、この変わった形の古い墓碑をたまに見かけます。
判子の原点かな ??
こちらも由緒あるお墓なのかな??
でも説明がないので分かりません。
何方かわかる方がいらしたら教えください。

清き一票を!  人気blogランキングへ"> 

殉死の墓

|

« そば早食い選手権! | トップページ | 日光でログハウス! »

日光市街」カテゴリの記事

日光の観光・名所」カテゴリの記事

日光の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/7865717

この記事へのトラックバック一覧です: 日光の観光名所 殉死の墓:

« そば早食い選手権! | トップページ | 日光でログハウス! »