« 都会で日光! | トップページ | 温泉三昧 10 鬼怒川仁王尊プラザ »

2006年3月 7日 (火)

日光の天然氷 

Rimg0212

氷室とは、冬に出来た氷を夏まで蓄えておくために設けられた貯蔵庫のこと。
冬の間に、むしろに包んだ氷を土や室(むろ)等の中に入れ、
その上にオガクズをかぶせて保存します。
現在、氷池と氷室が一体で製氷・採氷・保蔵している氷屋さんは、
全国で5軒ほどしか残っていないそうです。
その5軒中3軒が日光・今市にあります。
日光(吉新氷室)今市(松月氷室・三ツ星氷室) 秩父(阿左美冷蔵) 
軽井沢(渡辺商会) いずれも明治・大正の創業。
天然湧水から作られる天然氷は、どことなく甘くてまろやか、
製氷機の氷とは雲泥の差。
そう言えば、金谷ホテルのバーデイサイトで飲むロックは今市産氷室の天然氷。
大きな透明な氷は、溶けにくいから水っぽくならず旨いのだ。

そして、この天然氷で作る「かき氷」も格別だそうだ。
日光では、日光山内のニ荒山神社神門前の老舗茶屋「おきなや」で
吉新氷室のかき氷を食せる。(54-1586)
今市では、松月氷室が製造販売している。

吉新氷室   日光市御幸町1196  0288-53-5875 
三ツ星氷室  今市市平ケ崎106   0288-21-0025
松月氷室   今市市仲379      0288-21-0162

人気ブログランキングへ ←清き一票を!今何位?

|

« 都会で日光! | トップページ | 温泉三昧 10 鬼怒川仁王尊プラザ »

日光の天然氷」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光の天然氷 :

« 都会で日光! | トップページ | 温泉三昧 10 鬼怒川仁王尊プラザ »