« 温泉三昧 12  東照温泉 | トップページ | 日光でFIFAワールドカップ! »

2006年6月11日 (日)

日光二荒山神社 神橋

R0011929

日本三大奇橋(山口県錦帯橋、山梨県猿橋)のひとつ「神橋」
その歴史は、勝道上人の日光開山にともない
奈良時代後期に架けられた吊橋が原形とされている。

 

R0011915_1

その後東照宮寛永造替により、従来の純粋なはね橋構造から、
石造橋脚を取り入れた現状の構法に一新。
寛政四年(1792)に朱塗りの塗装が施されるようになった。
残念ながら明治35年(1902)、修理中に洪水により流失してしまう。
明治37年(1904)、在来工法(=現状構法)通りに再建されたのが現在の神橋です。(日光二荒山神社HP参考)
R0011926_1他の土地から来られる方には、この景色はやっぱり日光らしさナンバーワン!
休日の昼間はたくさんの観光客の方が、色んな角度から撮影をしています。
毎日のように車から見ている管理人にとっては、既に当たり前の風景になってしまい、感動が薄らいでいる今日この頃。
そう言えば、この橋の写真があまりにも少ないのに気づき慌てて撮りに行くことにした。

「誰もいない「神橋」 やっぱいいよね!」
もし「神橋」が都会にあったなら・・・
夜でも人がいっぱい見に来るのでしょうね。
なんと贅沢なことでしょう。
ゆっくりと写真を撮らせて頂きました。
その日は、おぼろ月も出ていて雰囲気抜群!
もっと写真のセンスがあったらな~~残念!

R0011925

清き一票を!  人気blogランキングへ">  今、何位?

|

« 温泉三昧 12  東照温泉 | トップページ | 日光でFIFAワールドカップ! »

日光の観光・名所」カテゴリの記事

コメント

はじめてお邪魔させていただきます。コメントありがとうございました。
先日、日光へ旅行に行った際に、神橋の前を通りました。昼間だったので、夜だと雰囲気が違うんですね。
おぼろ月とセットの神橋を独り占め。素敵な贅沢を写真を拝見したことでわけでいただきました。

投稿: | 2006年6月11日 (日) 16時12分

蓮さま
ようこそ!ふぃふぁ山荘へ・・・
日光は混むというイメージをもたれる方も多いのですが、実は時間や時期をずらすと物凄く空いているのです。
また遊びに来てください。

投稿: 爆釣王 | 2006年6月11日 (日) 18時52分

トラバ、ありがとう♪
神秘的!とっても素晴らしい写真ですよぉ~☆
夜、眺めたら素敵でしょうね。
2枚目の写真は、とても幻想的です。

投稿: riko_hat | 2006年6月11日 (日) 21時36分

ほんと神秘的で幻想的な写真ですね。
昼間は赤い神橋も夜は金色に見えるんですね。
ここの交差点では必ず赤信号で止まるので、その間、神橋と川に見惚れてしまい、後ろからクラクションを鳴らされて慌てて発進するのがお決まりになっています(笑)
夜の日光 いいですね。

投稿: カド | 2006年6月12日 (月) 17時35分

riko_hatさま
ようこそ!ふぃふぁ山荘へ・・・
日光にはよく来られるのですね!
霧降キスゲ祭りはこれからです。
また遊びに来てください。

投稿: 爆釣王 | 2006年6月12日 (月) 21時43分

カドさま
日光の夜(夜と言っても8時)は誰もいないのです!
写真がご趣味なら毎年秋に行われる「ライトアップ日光」」はお勧めです。
ライトに浮かび上がる二社一寺は、マニアの方には喜ばれています。

投稿: 爆釣王 | 2006年6月12日 (月) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/10434410

この記事へのトラックバック一覧です: 日光二荒山神社 神橋:

« 温泉三昧 12  東照温泉 | トップページ | 日光でFIFAワールドカップ! »