« 日光 雪情報 | トップページ | 日光にセロが、、、 »

2007年1月12日 (金)

日光の観光名所 日光白根山 2

_060_1

前半からの続きです。

やっとの思いで、弥陀ヶ池まで登ると、ドーム状の奥白根山の山頂部が見えてくる。
神々しい眺めです。

そして山登りはここからが本番!
滑りやすい急な枯れ場を300メートルは登ることになる。
岩質は、安山岩と玄武岩と凝灰角礫岩が主とのことだ。

やはり73歳には少しきつそう。
ここは、低調に諦めて貰うよう説得しよう。
「あの~・・・」
「なんだ?」 
「どうしましょうか?弥陀ヶ池五色沼も見れたことだし、
お疲れでしたらここで食事をして戻っても良いですよ。」

やさしい言葉が逆効果、、、
「ここまで来て、行かないわけにはいかなだろ!」
「でも、登りより降りの方がきついですよ。」

_079_1

「分かってる!行くぞ!!」
あっけなく却下であります。
食事は弥陀ヶ池に戻ってきてからのお楽しみということで、、、

_070_1

道なき道を
両手両足を使って必死に登る元上司。
相変わらずどんどん先に登っていく元上司

_076

「早く来いよ~」
と上から急かす元上司。

_095

そしてなんと菅沼登り口から2時間半で頂上に到着!
脱帽です。
とても73歳 とは思えません。

標高2,578メートル、
関東以北で一番高い山の頂上から見る景色は最高!
眼下に中禅寺湖・菅沼が水を湛え
目の前には日光連山

_090

この日は残念ながら富士山は見れませんでしたが
360度のパノラマに大感激でありました。
日光白根山は征服感がありとても気持ちのよい山です。
山頂からのパノラマ写真はこちらでパノラマ写真を見る をクリック)

そして、弥陀ヶ池まで恐る恐る降りて無事に食事をしている最中に、
不覚にも管理人は内股を攣ってしまった。(_ _|||)

何故か大人しい元上司に、
「お疲れでしょう。ゆっくり休んで下さい。」と声を掛けると、、、
「違うんだ、お前と同じ内股が攣ったんでショックなんだ。
毎日マシンで鍛えていたけど、こんな所が攣るなんて、、、
東京に戻ったら内股の鍛え方を教えてもらって重点的鍛えるとしよう!」

、、、、この期に及んで、まだ鍛えようとする気力 ご立派です。

でも、この歳で何でもないより、
少しでも攣ってくれた方が嬉しいと思う管理人であった。

昼食も終え、ゆっくりと脚を引きずりながら菅沼茶屋に無事下山。
思い出に残る一日でした。

今日の一言!
今頃は、内股筋肉マンになっている元上司であるに違いない!

日光白根山の記事 (その1) (その2)

人気ブログランキングへ ←清き一票を!今何位?

日光白根山 菅沼茶屋入口

|

« 日光 雪情報 | トップページ | 日光にセロが、、、 »

奥日光地区」カテゴリの記事

日光の観光・名所」カテゴリの記事

日光の自然」カテゴリの記事

日光でハイキング・アウトドア」カテゴリの記事

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/12460591

この記事へのトラックバック一覧です: 日光の観光名所 日光白根山 2:

« 日光 雪情報 | トップページ | 日光にセロが、、、 »