« 日光「光のページェント2007」 | トップページ | 今市の花市 »

2007年2月 7日 (水)

日光の観光名所 日光湯元源泉

R0017302日光湯元温泉の歴史は古く、約1200年前にさかのぼる。

日光を開いた勝道上人が延暦7(788)年に温泉を発見し、
薬師湯と名づけたのが湯元温泉の始まりと伝えられる。

そのとき、背後の山を温泉ガ岳と命名し、
頂上に薬師瑠璃光如来をまつったといわれる。
さらに、弘仁11(820)年には弘法大師がここを訪れ、
観自在湯を見つけて観世音菩薩をまつったと伝えられている。
 
R0017307

このように、湯元温泉には古くから薬師湯や観自在湯、川原湯など9つの湯があり、
共同浴場として9人の湯守と呼ばれる人たちによって管理されてきた。

残念ながら、現在これらの共同浴場はなくなったが、
旅館やホテルが湯を引いて温泉客を迎えている。

R0017310

湯元温泉の泉質は硫化水素泉の為、
周囲は硫黄の匂いがたちこめて郷愁を誘う。

日光湯元源泉は、現在は湯ノ平湿原あり、
温泉が湧き出る様子を間近に見ることができ、
地球の営みを感じることが出来る場所です。

効能としては、神経痛、筋肉痛、冷え症、糖尿病などに効くとされている。

(日光パーフェクトガイド引用)

清き一票を!  人気blogランキングへ">  今、何位?

日光湯元 源泉

|

« 日光「光のページェント2007」 | トップページ | 今市の花市 »

奥日光地区」カテゴリの記事

日光の温泉 」カテゴリの記事

日光の観光・名所」カテゴリの記事

コメント

日光いったのは30年前の子供のころですが、中禅寺湖湖畔に泊まって、湯の湖ふきんでご飯たべたの思い出しました。また行ってみたいです。ポチ!と応援しておきます。

投稿: 京都ふらり鉄道散歩 | 2007年2月18日 (日) 20時53分

京都ぶらり鉄道散歩さま
子供の頃というのは、修学旅行ででしょうか?
大人になって見る日光は随分と違うイメージでしょう。
また遊びに来てください!
こちらも鉄道ブログ ポチとしました。(笑)

投稿: 爆釣王 | 2007年2月18日 (日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/13461204

この記事へのトラックバック一覧です: 日光の観光名所 日光湯元源泉:

« 日光「光のページェント2007」 | トップページ | 今市の花市 »