« hajime's Live In 幾何楽堂 | トップページ | 日光の近代史 16 山内 赤門 »

2007年9月 5日 (水)

日光のお土産 2-2

Dsc02487

管理人は耳掻きフェチである、、、

昔、買ったお気に入りの耳掻きが壊れたので、

以前もご紹介した 足立商店に買いに行くことにした。


以前、このブログにエントリーしたら、
ご本人様からコメントを頂き、
管理人も「近いうちに遊びに行きますね。」と返事を書いたのだが、、、
あれからすでに、1年半も経ってしまった。

Dsc02481

伝統工芸茶道具指物師 足立勝晃 氏

竹や木材を使用して茶道具を制作するのが本業ですが、
その技術を駆使して、精巧な虫や鳥等の置物や竹とんぼ等も制作販売してます。

Dsc02476

中でも、最高級煤竹製 手作り耳掻きは、
年間1500本も販売されている大ヒット商品!

この日も、遠く千葉から電話で注文が来ていた。

性別・体重(笑)体型等を電話で問診して、
その人にピッタリの耳掻きを選んで郵送するのです。

煤竹とは、
長い年月をかけて囲炉裏の煙で燻されて飴色になった竹のことで、
耐久性やしなやかさが増し独特の古材となり、
お茶杓等の茶道具に使用されている貴重な材料なのです。

Dsc02463

職人はお茶を飲まなきゃ続けられね~
一緒にお茶を飲みながらの世間話。
話好きの店主との楽しい一時。

お茶請けは、ラッキョウの塩漬けや味噌煮
これがまた旨いのだ!

R0020755_2

今回は管理人の為に、最初から丁寧に製作して頂きました。
いつもより大きく曲げて頂き、
巾は狭いほうがしっくり来るという管理人の我がままに、
何回も試し掻きをしては、削って頂きやっと完成!
自分の耳にピッタリで、極上の掻き心地を堪能できます。

最後に、名前を墨で書いて頂き

正真正銘の世界で唯一つのマイ耳掻きでございます。

本体のみなら、1000円也!

耳掻きフェチの方には、堪らない一品となることでしょう。

また、本人のみならず、
ご贈答用の桐の箱(500円)に入れて贈れば、
個性的なお土産になること間違いなし!

中々面白い 日光のお土産なのです。


足立商店

住所 栃木県日光市上鉢石町1013
電話 0288-50-1511

              
             
クリック↓
清き一票を!  人気blogランキングへ">  今、何位?

足立商店

|

« hajime's Live In 幾何楽堂 | トップページ | 日光の近代史 16 山内 赤門 »

日光のお土産」カテゴリの記事

マイブーム 」カテゴリの記事

コメント

私も耳フェチなんです。
息子と娘の耳は私が全てやりました。
記事がかぶったり、同じフェチだったり、前世に何か因縁があったりして?

投稿: 禿親父 | 2007年9月 6日 (木) 07時44分

前世の因縁、、、
たぶん夫婦だったんでしょう!W

投稿: J です | 2007年9月 6日 (木) 16時50分

写真を見直しましたが
耳掻きは、あの先の元のところが細いのが魅力ですね
かなり沢山取れそうです
夫婦ですか?(笑)

投稿: 禿親父 | 2007年9月 6日 (木) 19時29分

Jさま 禿親父さま
今までの耳掻きを使った後に、
これで掻けと、まだ沢山取れるのですから
かなりの優れものです。

夫婦だったんですか、、、

投稿: 爆釣王 | 2007年9月 6日 (木) 20時22分

足立のおやっさんの所へ行かれましたね(笑)
私とは骨董仲間で目利きしに時々行ってます、茶道具もいいものありますよ☆
実家が写真屋だから写真もいいものあります。

投稿: ゆりんずシェフ | 2007年9月 8日 (土) 15時10分

こんど聞いて見ます。

投稿: 爆釣王 | 2007年9月 8日 (土) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/16249058

この記事へのトラックバック一覧です: 日光のお土産 2-2:

« hajime's Live In 幾何楽堂 | トップページ | 日光の近代史 16 山内 赤門 »