« ブランド化! | トップページ | ご挨拶と、「オールアバウト日光」について »

2008年3月 3日 (月)

日光のグルメ 38 Cafe SanSalo 

R0023923

Cafe SanSaloは、今市の三叉路「追分地蔵」直ぐ傍にある
日光では珍しい中国茶を楽しめるお店です。

栃なび!の店主からのメッセージには、
三代目SanSaloは、LOHASを意識した健康志向で
ちょっとモダンテイストなカフェを目指しています。
中国茶はもちろんお食事やSweetsも充実!セレクト雑貨はギフトにも最適です。

と書いてある。

R0023915

店内は、シックで天井が高くて気持ちのいい空間です。

親分肌のマスターに、
親切で優しいオーナーに、
今日の体調を言えば、その日にあったお茶を選んでくれたり、
中国茶のことなら何でも相談しちゃいましょう。

親分肌のマスターは、
親切で優しいオーナーは、中国茶以外のことでも相談に乗ってくれるかも??(笑)

管理人は、当然メタボのご相談!
選んで頂いたお茶は、奇蘭  

中国茶器で飲む本格派!
写真下右側の
縦長の聞香杯(もんこうはい)に最初のお茶を注ぎ、
ここから飲杯に移した後、空になった聞香杯で香りを楽しみます。

R0023932

ポットに目一杯入ってるお湯が一人分の量で、
中国茶600円~と、かなりのお得感!

この奇蘭は、蘭のような甘い香りで芳醇な味わいで美味しい~
飲めば飲むほど痩せそうで、、、、

R0023939

今後、日光メタボ協会(NMBK)認定の中国茶にいたします。

お土産用の中国茶や、お洒落な雑貨も販売しています。

R0023942

そして、月替わりの「カフェめし」(1,000円)は、
メタボには嬉しい低カロリーでとってもヘルシー
素材にも拘っていて、とても旨いのだ。w
中国茶と一緒に食せば、いくら食べても痩せそう~(汗)

R0023948

3月の「カフェめし」は、
ベーグルサンド&具沢山すぅぷセットだそうです。

アルコール類も扱っていて、貸切パーティも可能。

日光観光の途中に是非どうぞ!

Cafe 三代目SanSaloは、2008年6月25日に弊店致しました。 

Cafe SanSalo

住所: 日光市今市124-3
TEL: 0288-23-0103
営業時間: 11:30~21:00  11:30~18:30(日曜のみ)
定休日: 木曜日

今日の一言!
やっとアップ出来ました~w

1

                  ポチッ↓
清き一票を!  人気blogランキングへ">  今、何位?

Cafe SanSalo

|

« ブランド化! | トップページ | ご挨拶と、「オールアバウト日光」について »

日光のグルメ!」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

副会長!「カフェめし」なんかとても美味しそうで
低カロリーとはとても思えないんですけど、
材料は何なんでしょう??
ロコモコみたいだし・・・。 
中国茶はNMBK公認決定ですね!
今度まるきちの帰りに寄って飲んでみます。

投稿: メタボ会長 | 2008年3月 4日 (火) 00時17分

会長!
このときの「カフェめし」のハンバーグは
脂身が殆どないヘルシーハンバーグでした。
今月からは、スープセットだそうです。
是非どうぞ!!
写真の件 ご無理お願いしてすみませんでした!
宜しくお願いいたします。

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2008年3月 4日 (火) 00時24分

いくら打消し線で消してみてもあまりにも大胆な・・(笑)。

メタボ会長、よろしくお願いします・・・とこの場をお借りして・・。

投稿: 37 | 2008年3月 4日 (火) 08時33分

いやぁ男前なご紹介ありがとうございます(笑)
最近また男パーセンテージが上がってきておりますわぁ(^^;)

オイラはともかく、お店もステキな切り口でのご紹介でありがとうございますm(_ _)m
NMBK会員様をはじめ、メタボ予備軍の皆様もこぞって殺到することでしょう♪

次回は「お叱りカフェ」のマスターと化してお待ちしております(笑)

投稿: 親分肌のマスター | 2008年3月 4日 (火) 13時30分

37さま 親分肌のマスターさま
「お叱りカフェ」お許しくだされ~w

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2008年3月 4日 (火) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/17947570

この記事へのトラックバック一覧です: 日光のグルメ 38 Cafe SanSalo :

« ブランド化! | トップページ | ご挨拶と、「オールアバウト日光」について »