« 秋ですが、、、、 | トップページ | 栃木県立 日光自然博物館 2 »

2008年10月28日 (火)

日光の観光名所 うるし博物館

Rimg9759

日光は、奈良時代から社寺仏閣が多く、
江戸時代には、繊細な装飾の日光東照宮が建造される。
しかし、山間部の為、雨や雪が多く、水と湿気から建物を守る為に、
優れた防水機能を持つ漆が多く用いられていた。

   

さらに漆の光沢は、立体的な装飾を際だたせる役目もあった。

だから日光の漆の技術は一流で、
その技術は日光彫などの伝統工芸として生かされている。

漆は、世界に誇る日本の塗装技術!
因みに漆は英語で japanと書くそうだ。

Rimg9754

現在でも、各社寺仏閣の修復作業等により、
漆は大切に伝承されている。

この「うるし博物館」は、江戸期より代々、
東照宮・輪王寺の漆塗りや極彩色などを手掛けてきた、

小西美術工芸社の付属博物館としてオープンした。

(小西美術工芸社は、伊勢神宮の御神宝(ごしんぼう)、
新天皇ご即位の際の大神宝(だいしんぼう)づくりも勤めている。)


(うるし博物館HP引用)

漆の工程や歴史を知ることができます。

そして、現在「開館10周年記念特別展Ⅱ」が開催されている。
室町時代の蒔絵など貴重な所蔵品を陳列しています。

この博物館は、土日月の営業で11月10日までで休業する。

尚、うるし博物館では「らくらくうるし」を体験することが出来る。

制作時間は、約1時間30分
お箸の絵付け:大(23.5cm)、中(20.5cm)各1,200円
銘々皿の絵付け:5寸(15cm)1,600円、5.5寸(16.5cm)1,800円
(漆はかぶれるので、漆に似た塗料で行うそうです。)



今日の一言!
日光は伝統工芸の街!!

 

「うるし博物館」

住所 栃木県日光市小倉山2829
電話 0288-53-6807

開館日 2008年は、3月22日~11月10日まで、
     毎週3回(土、日、月のみ) ※ 冬期は休館

開館時間10:00 ~ 16:30 ※ 入館は閉館時間の30分前まで
観覧料大人 400円、大・高校生 300円、小・中学生 200円

 

清き一票を!  人気blogランキングへ">  今、何位?

うるし博物館

|

« 秋ですが、、、、 | トップページ | 栃木県立 日光自然博物館 2 »

日光の観光・名所」カテゴリの記事

日光で学ぶ!」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/42910193

この記事へのトラックバック一覧です: 日光の観光名所 うるし博物館:

« 秋ですが、、、、 | トップページ | 栃木県立 日光自然博物館 2 »