« ランカトルグ カフェにて、、、 | トップページ | 日光の観光名所 森友滝尾神社 »

2008年12月15日 (月)

漫画を考える ちばてつや原画展 in 日光

Img20081213174941_2

All About Nikko の集中企画 第五弾!! 

「勝手に応援するぞブログ連 NNN 」のテーマが久しぶりに見つかりました!!


漫画を考える ちばてつや原画展  (Click!)

2008年12月20日(土)~2009年2月1日(日)

◆会場     小杉放菴記念日光美術館
◆休館日    毎週月曜日(祝日・振替休日のときは開館し、その翌日を休館)
        年末休館12月29日~12月31日/年始休館1月5日~7日
◆開館時間   午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
◆入館料    一般700(630)円、大高生500(450)円、中学生以下は無料
        ()内は20名以上の団体割引料金
◆主催     財団法人 小杉放菴記念日光美術館/日光市/下野新聞社
◆協賛     文星芸術大学
 
 
思い越せば第三弾の企画 WARAKU×T.C.Groove(日光が生んだ奇跡の歌姫バンド)の美術館ライブをよってたかって勝手に応援して、コンサート当日は小杉放菴記念日光美術館のロビーに入れないお客様まで出るという前代未聞の快挙をなしとげました、、、(遥か遠くを見つめる目線、、、www)

今回は親爺たちの青春を彩った漫画家 ちばてつやさんの原画が日光にやって来るというナイスな展覧会なので、これはたくさんの方々に小杉放菴記念日光美術館に足を運んでもらいたいということで第五弾の企画に選んだという次第であります。

ちばてつやさんといえば あしたのジョー 1968年1月~1973年6月 (Click!) という方も多いと思いますが作品一覧で是非こちらを (Click!)  して御自分の青春を探してみてください、、、www

漫画もさることながらその原画を見られるということは素晴らしい体験になることはマチガイありません。

もひとつおまけにちばてつや氏によるギャラリー・トーク
2008/12/20 午後1時30分~予定、入館料のみで参加可能
って太っ腹な催しまであるので是非当日はジョーをステージの上で生で描いて貰いたい(汗)、、、っと勝手に夢が広がる親爺は早くもやる気全快モード&行く気満々モードであります。www

こうした素晴らしい展覧会が向こうからやって来るという夢のような展開にもかかわらず「知らなかった、、、」などというとんちきすっとこどっこいが人っ子一人いないように&日光市民全員をこの会期中に小杉放菴記念日光美術館に行ってもらいたいというのが今回の企画の趣旨であります。

ひそかなる野望としては美術館史上の最多観客動員記録の更新と、全国津図浦々、北は網走から南は南国土佐のもっと南の方々にも日光観光かたがたちばてつやさんの原画展に来ていただこうという寸法です。
 
冬枯れのこの時期に日光を訪れて頂くきっかけになれば幸いであります。
 
※本記事を皆様のサイトに是非コピーするなり、焼くなり、煮るなり、、、してアップしてください。
すべての著作権はフリーですので文章から何からなにまでアレンジするなり、なんなりとあなた色の記事にして一人でも多くの方の目に焼き付けてください。
※そうこうしているとだんだんあなたもこの展覧会に行きたくなるから不思議なものです、、、www
All About Nikkoより転記)
 
  
既に、All About Nikko 協賛サイトの
「つるこ日記」さま、 「日光を漂ふ」さまがアップしています!!
追伸 「日光の親爺が一年発起」さまもアップして頂きました。

協賛サイトの皆様、UPよろしくお願いします。

 
 
ちばてつや氏によるギャラリー・トーク
2008年12月20日(土) 午後1時30分~ 入館料のみで参加可能
 
 
いつの間にか美術館ブログ始めてました!ww
  
 
今日の一言!
オールアバウト日光 健在なり!!
 

 
住所 日光市山内2388-3
電話 0288-50-1200
  
 
清き一票を!  人気blogランキングへ">  今、何位?
 
 
小杉放菴記念日光美術館

|

« ランカトルグ カフェにて、、、 | トップページ | 日光の観光名所 森友滝尾神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日光の行事・イベント」カテゴリの記事

All About Nikko 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。editaから来ました。
ちばてつやサン。大ファンです。先日、ヤンマガに載った新作も読みました。ちばてつや原画展にはぜひ足を運びたいと思います。

投稿: 若武 | 2008年12月17日 (水) 18時52分

まいりまする。
おkeiの描いたジョーと力石も飾ってくれるかなあ?
ちばてつやに人生を変えられたあたいですう。。。
そして小杉放菴美術館会員のおkeiです。
決して見逃しません。。。です。

投稿: kei | 2008年12月17日 (水) 19時33分

若武さま
ようこそ!「ふぃふぁ山荘」へ、、
ありがとうございます。
日光の冬は寒いので暖かい服でおいでやす。
空いている日光もいいものです。

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2008年12月17日 (水) 21時23分

keiさま
えっ!!ちばさんの所で働いていたんですか?

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2008年12月17日 (水) 21時24分

ううっ!
自宅で独学?ですう。

投稿: kei | 2008年12月18日 (木) 17時02分

keiさま
小杉放菴美術館会員ならきっと飾ってくれます!

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2008年12月19日 (金) 00時27分

わたくし当時(きみがよちゃん世代)、
「ちばてつや」さんというお名前に
「ちばて・つや」?「ちば・てつや」?
「なぜひらがな??」
「このひとは、漢字の名前がないのか?」
と、たくさん「??」だったのでございました・笑。

投稿: つるこ | 2008年12月19日 (金) 10時23分

つるこさま
今から25年前のことですね、、、(笑)

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2008年12月19日 (金) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漫画を考える ちばてつや原画展 in 日光:

« ランカトルグ カフェにて、、、 | トップページ | 日光の観光名所 森友滝尾神社 »