« 日光・天王山物語  その3 | トップページ | 今夜は豚しゃぶだ~~ »

2009年1月 9日 (金)

日光・天王山物語  その4

Dsc02273_2

(その3)からの続き

「チーム天然の氷」のオヤジ達は、管理人が言うのも何だけど、

みんな、変わり者優しい人たちばかりである。

結局、彼を暖かい番屋へ遊びに来るようにと誘ったのであった、、、

男は、テントで見た時のイメージとは違い相当の大男であった。
年を聞くとまだ30代前半で、これまた相当老けて見える。

名前は、Tくん・・・

彼に熱いお茶と水羊羹を差出し、
久々であろう暖かな薪ストーブの前で、
我々は彼の身の上話を聞くことになった。

「色々ご迷惑をおかけしました。」と、
彼は右手を震わせながら神妙な顔でビール券を差し出した。

「お金がないのだから、換金して少しでも生活の足しにしなさい!」

若者のくせに、変な所に気を使う奴だ。

それが管理人の第一印象である。

彼は東京のある大手企業に勤め、事務方の仕事をしていたが、
原因不明の手の震えから仕事が出来なくなり、
長期休暇の後、退職をする。

母親は彼が6歳の頃、知的障害を持つ妹を生んで直ぐに亡くなる。
現在、妹は施設に入っているそうだ。

父親も病気で動けなくなり、
彼が一人で介護をしていたが数年前に他界した。

病気で仕事を辞めた為、
父親の賭け事や医療費の借金が返せず
頼れる身内もなく天涯孤独となってしまった。

不景気の為、働き先は見つからず所持金も残り僅かとなり、
住んでいたアパートを解約してしまう。
障害を持ち、住所不定・無職となった彼は、
益々社会から孤立してしまい、
明日への希望が消えた彼は、
身の回りを整理して、テントを買い、死に場所を求めて日光へ来た。

所持金 約20万円 このお金が無くなった時、、、、

彼は、テントの中に練炭を持参していた。

「何故、わざわざ、こんなに寒い日光に来たの?」

「日光には、小さい頃お父さんと一緒に旅行に来た楽しい想い出があったから、、、」

・・・・・・・・・

色々な話をしたが、、、
結局我々には、見ず知らずの彼を養う程の余裕がないのが現実である。

せめて出て行くまでの1週間は、
我々がいる時はこの番屋で暖をとってもいいと、四代目が許可を出す。

口には出さないが簡単な食事も出すだろうし、
それが我々の出来る精一杯の支援だと分かって欲しい、、、

しかし、彼の1週間後を考えると、、、、

沈黙が続く番屋に、また1人オヤジがやって来た。

彼は、森の図書館の館長予定(笑)だけあって、大変物知りである。
日光の誇るインテリゲンチャ!!(笑)
そんな彼に今までの経緯を説明すると、、、、

流石 日光の知恵袋! 
透かさずここを訪ねてみなさいと教えてくれたのが、

第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞・大賞を受賞した

岩波新書 「反貧困」 「すべり台社会」からの脱出 


著者の 湯浅 誠さんが事務局長を務める

NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい を訪ねれば
きっと、相談にのってくれるはず。

「もやい」は、定住アパート入居支援や生活保護申請サポートなど
専門家が自立をめざす生活困窮者の新たな生活の再出発を
サポートしてくれる団体です。

一同 安堵の空気が番屋に漂ふ!

「三人寄れば文殊の知恵!」 実際は5人でしたが、、w

生きていく希望が少しは見えてきたが、後は彼の気持ち次第である。

彼自身が、立ち直ってくれないと折角のチャンスも水の泡。


そして、彼の生きる勇気を再生する為にとった我々の手段が、、、、

「明日の朝8時に番屋に来ること!」


そして、(その5)へ続く、、、

 

今日の一言!
一寸、長すぎますね。_| ̄|○

 

「ふぃふぁ山荘」記事 (その1)  (その2)  (その3)  
             (その4) (その5)  (その6)  (完結編)

清き一票を!  人気blogランキングへ">  今、何位?

|

« 日光・天王山物語  その3 | トップページ | 今夜は豚しゃぶだ~~ »

日光の天然氷」カテゴリの記事

日光のその他」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すごいですねー!!!
まるで現場にいたような。
明日が待ち遠しいです。

投稿: 徳次郎 | 2009年1月 9日 (金) 21時34分

徳次郎さま
明日は一寸無理かも~ww

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2009年1月 9日 (金) 21時53分

今年の芥川賞ではないかと、ドキドキしています。
電話かかってくるときテレビカメラにピースしてね。

投稿: つるこ | 2009年1月10日 (土) 08時04分

今日はありがとうございました。
氷の切り出しの日には是非伺うこと楽しみにしています。

投稿: Yoshimi | 2009年1月10日 (土) 20時52分

コメントの内容、大変失礼しました。
今日のざぶんの表彰式に漂うさんにお会いできて売れしまった弟子。

投稿: Yoshimi | 2009年1月10日 (土) 21時00分

あらぁ~・・・ミスタイプばかりのコメントでした。
お詫びに日光に伺いますm(__)m

投稿: Yoshimi | 2009年1月10日 (土) 21時25分

つるこさま Yoshimiさま
芥川賞頑張りますし、ざぶん賞も頑張りますの
グデングデンの午前1時の帰宅です。
おやすみなさい1www

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2009年1月11日 (日) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/43638758

この記事へのトラックバック一覧です: 日光・天王山物語  その4:

« 日光・天王山物語  その3 | トップページ | 今夜は豚しゃぶだ~~ »