« 日光・天王山物語 その1 | トップページ | 日光・天王山物語  その3 »

2009年1月 7日 (水)

日光・天王山物語  その2

Dsc02251

(その1)からの続きです。

「もののけ」を送りつけようと考えているところだ。


この記事の中に書かれている
「もののけ」が、その後本当に送られてくるとは、、、

薪神社から薪を頂き、自宅へ帰る支度をする為に一旦山荘に戻る。
そして、年末の挨拶に四代目徳次郎の氷室へと向かった。

氷室では、5代目(予定)が氷池の整備をしていた。

四代目は水源で作業中とのことで、5代目と一緒に向うことにした。

そして、、

水源での作業が終わり、3人で氷室に帰る途中、、、、

Dsc022321

突然4代目が、
「氷室の上に神社があるけど見たことあるかい?」と尋ねてきた。

見ると横に山道があり、ここから登れば十分足らずで行けると言う。

Dsc022351

5代目も未だ見たことがないというので、一同神社へと、、、

殆ど使われていない雪が残る山道を登っていくと、
4代目がこの先に祠があると指をさした。
5代目が道を外れて祠を見に山の中へ消えていった、、、、

我々が神社に到着し参拝をしていると、
5代目が血相を変えて戻ってきた!

Dsc02236

「祠の横に、テントが!!」

こんな誰も訪れない極寒の山中にテントだって??

半信半疑になりながらも3人で祠に向うと、、、、

Dsc02252

山道からも全く見えない一角に、
確かに真新しいテントが張ってあるではないか!



中に誰かいる!!

四代目が、恐る恐る話しかけてみる。


(その3)へ続く、、、

 

今日の一言!
前振りが長いぞ~~!w

「ふぃふぁ山荘」記事 (その1)  (その2)  (その3)  
             (その4) (その5) (その6)  (完結編)

 

清き一票を!  人気blogランキングへ">  今、何位?

|

« 日光・天王山物語 その1 | トップページ | 日光・天王山物語  その3 »

日光の天然氷」カテゴリの記事

日光のその他」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

これがあのもののけのテントですか・・・

いいテントだ・・・(ーー;)
ちょっとイメージが・・・

因みに天王山は「御幸町」が守っている山です。ハイ

投稿: 薪神社宮司 | 2009年1月 8日 (木) 19時16分

薪神社宮司さま
この為に買った始めてのテントだそうです。
なにせ都会っ子なもので、、、

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2009年1月 8日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/43617175

この記事へのトラックバック一覧です: 日光・天王山物語  その2:

« 日光・天王山物語 その1 | トップページ | 日光・天王山物語  その3 »