« 日光 鉢石宿のおひなさま 2009 (その2) | トップページ | 「日光 天然の氷」三代目親方が、「美味しんぼ」に! »

2009年2月23日 (月)

天然氷で作るドライマティニは、最高に旨いのだ!!

R0027231

人気ブログランキングへ ←清き一票を!

日光金谷ホテル Bar デイサイトにて、、、


ドライマティーニを注文してみる。

 

マティーニのようなシンプルな飲み物程、
繊細で作るのが難しいそうだ。


ジンとベルモットの微妙な配合や、
温度やステアの基本の冷却・混合・加水。
混ぜ方や回数で味が変わってしまうほど繊細で、
バーテンダーの腕の見せ所でもあるカクテルなのです。


出来上がったドライマティーニには、氷は入っていないのだが、
製作工程で、想像以上に氷を使用する。
グラスを冷やす為、そしてミキシンググラスにも
目一杯角の取れた氷を入れて作る。

この氷に、贅沢にも天然氷を使うのが金谷風!

R0027232

溶けにくい天然氷は、機械氷の冷たさとは異なり優しい冷たさだ。
溶けた水もまろやかな天然水だから、
飲み物本来の味を際立たせてくれる魔法の氷なのだ。

実際に、
天然氷と製氷機の氷やロック用アイスで作ったドライマティーニを
呑み比べてみることに、、、
当然グラスも同じ、お酒の分量やステアの回数も同じで比べると、、、

全く別物だということがよくわかる。

R0027237

驚くことに、色や出来た量まで異なっているのです。

天然氷を使用したマティーニは、
辛口だけどジンの角がとれ、まろやかな味になる。
そして、この美味しさが何時までも持続するのだから驚きである。

一方の製氷機やコンビニ等で買ってきた氷で作ったマティーニは、
時間が経てば経つほど味がバラけてしまい、いやな後味が残るのだ。

R0027239

酒の美味しさは、何で決まるのか?

インテリアや眺望やグラスなどの調度品に拘り、
女性等の接客などの店の雰囲気で美味しく感じるだろうし、
お酒の保存の仕方や仕入れ方でも味は変わるだろう。
当然、前項で書いたように、
バーテンダーの作り方やつまみの美味しさも重要だ。

ストレートで飲むお酒以外は、
直接的にお酒の味が変わるのは水と氷だけである。

水は、天然水が出回っていて選択権が沢山あるが、、、

氷は自分の店の製氷機か、
近くの氷屋さんが作る機械氷の純氷くらいしか選択幅がない。


それを溶けにくくする為に、
丸氷にカットしたりするのが、お店の拘りとなっている。
ある一流Barでは氷の役割は、すし屋のシャリのようなもので、
決して目立たないでど主役級の存在だと言い切るくらい
氷の重要性をよく理解している。


しかし、氷そのものに拘りを求めたくても、
素材がないのが現状なのであろう。

残念ながら、
殆どの人は天然氷で作るお酒を経験したことがないだろうから、
多分想像出来ないかも知れませんね!

是非、一度味わってもらいたいものだ。
おそらくお酒好きの貴方なら、驚きの声をあげることマチガイなし!!


今日の一句!
結氷の泡の目光るウイスキー。
 
  
ここで、チョットコマーシャル!

Dsc01286

2月28日(土) 18:30~19:00 日本テレビ
 

番組名 「
弟子っちょピカ丸
」 

湯沢屋さんの8代目予定の息子さんが、
日光の天然氷造りに挑戦!

「日光 天然の氷」4代目徳次郎に弟子入りです!!

病気が治ったおじいちゃんに、 
美味しいオンザロックのお酒をプレゼントする為に
天然氷造りに挑戦します。

番組始まって以来の3ヶ月間の長期取材
収録時間も400時間以上の力の入れよう!

天然氷の製造工程も学べます。



清き一票を!  人気blogランキングへ">  今、何位?

|

« 日光 鉢石宿のおひなさま 2009 (その2) | トップページ | 「日光 天然の氷」三代目親方が、「美味しんぼ」に! »

All About Nikko 」カテゴリの記事

日光の天然氷」カテゴリの記事

日光で呑む!」カテゴリの記事

日光金谷ホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/40695077

この記事へのトラックバック一覧です: 天然氷で作るドライマティニは、最高に旨いのだ!!:

« 日光 鉢石宿のおひなさま 2009 (その2) | トップページ | 「日光 天然の氷」三代目親方が、「美味しんぼ」に! »