« 一念発起! | トップページ | 「analog booksの本と、本の家具展」in日光 5 »

2010年1月 5日 (火)

日光のお土産 51 三ツ山羊羹本舗

R0022737

三ツ山の水羊羹

正月気分がまだ抜けきらない松の内、
皆様は如何お過ごしでしょうか?

昨年の暮に、こちらの方がラジオで紹介していたように、
日光では、おせち料理に水羊羹を入れるそうだ。

以前から聞いたことはあったけど、
最初聞いた時は、嘘だろ~~ おせちに水羊羹??
と思ったけど、、、

  

最近は、嵌ってます!

まだまだ、おせちの重箱には入れられないけど、
デザートとしての、冷たい水羊羹は確かに旨い!

だから、毎年暮れに東京の自宅に戻るときには、
水羊羹をお土産に買って帰るのが習慣となっている。

特にこの寒い季節には、三ツ山の水羊羹がピッタリ!

R0022771

保湿剤など一切使用しない、昔ながらの製法で、
じっくり手間をかけて作られた自慢の水羊羹は、
濃厚だけどアッサリしていて、小豆の味がしっかり分かる逸品で、
幾らでも食べられる美味しさなのです。

R0022778

塩辛いおかずが多い正月料理ばかり食べていると、
甘くてさっぱりとした水羊羹が食べたくなるのは必然で、
日光人だけではなく、全国の人にお薦めしたい今日この頃なのでした。 

今日の一言!
「しもつかれ」もそのうち慣れてくるのかな?(笑)

三ッ山羊羹本舗

住所 栃木県日光市中鉢石町914
電話 0288-54-0068
営業 8:00~18:30
休日 元日のみ 

人気ブログランキングへ ←清き一票を!今何位?

より大きな地図で 日光観光案内地図 「お土産マップ」 を表示

|

« 一念発起! | トップページ | 「analog booksの本と、本の家具展」in日光 5 »

日光市街」カテゴリの記事

日光のグルメ!」カテゴリの記事

スイーツ・パン」カテゴリの記事

日光のお土産」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

水羊羹、味がわかるだけに、今食べたーい!!
って感じです(笑)
寒い冬でも、暖かい部屋で、冷たい水羊羹は美味しいです!!happy01
子供は、この水羊羹が大好きで、大事に食べるあまり、
フォークで1mmぐらいづつ削るように食べます・・・sweat01
日光の水羊羹は、とっても美味しいです!!
一口羊羹の周りのお砂糖の結晶の所もたまりませんscissors

投稿: mon | 2010年1月 5日 (火) 21時44分

monさま
日光は、沢山の羊羹屋さんがあるので、
色々な味を楽しめますよ!

投稿: ふぃふぁ | 2010年1月 5日 (火) 22時54分

おkeiの実家のおせちには、母上作の水羊羹がどんと鎮座しておりました。
それはそれは日光のお店と肩を並べるお味でして。。。
除夜の鐘を聞きながら
水羊羹を流し終わった鍋に薄く固まったのを奪い合いしたものです。
これがまた美味しい!!!
日光老舗の羊羹屋さんには、1店を除いていずれも水羊羹がございますので、
是非とも食べ比べをお勧め致します。
三ツ山羊羹で「日光にはどうしてこんなに羊羹屋さんが多いのでしょうね?」とお聞きしたところ、
「日持ちするからだったのでしょうね」とのお話しでした。
どうりで、日本全国にありそうなお土産!!

投稿: kei | 2010年1月 6日 (水) 17時38分

水羊羹だけに、マドモワ・ジェルhappy01
正月気分、未だ抜けそうにありませぇん。

うちでも、母、祖母、そして祖父も作っておりました。
母が以前、日光は寒いから台所の外にちょっと置いておくだけで
羊羹が固まるのよね~とか言ってました。
mon様やおkei様のおっしゃるとおり、
日光の冬のデザートといったら水羊羹でしょうね~

ふぃふぁ様、お次は試飲会ならぬ試食会smilerestaurantですかね

投稿: マドモワジェル | 2010年1月 6日 (水) 19時31分

keiさま マドモワジェルさま
家で作るんですか~?
鍋いっぱいの水羊羹って凄そう~

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2010年1月 7日 (木) 00時19分

しもつかれは、、、
無理だろ、、、汗

投稿: エル | 2010年1月 7日 (木) 09時48分

エルさま
だと思います!ww

投稿: ふぃふぁ山荘 | 2010年1月 7日 (木) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/47156715

この記事へのトラックバック一覧です: 日光のお土産 51 三ツ山羊羹本舗:

« 一念発起! | トップページ | 「analog booksの本と、本の家具展」in日光 5 »