« 観光客が消えた日光! | トップページ | 東日本大震災・福島原発の状況と今後の対応 その1 »

2011年3月19日 (土)

災害看護 命を守る知識と技術の情報館 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その11)

管理人が、この大災害で出来ること、、、、

以前 お会いした神戸の山ちゃんが、
阪神・淡路大震災の経験を活かし貴重な情報を提供してくれてます。

兵庫県立大学 看護学部の先生とともに、資料をとりまとめたものを、
何回かに分けて情報配信します。


転記致しますので、
被災地の皆様に、近隣の方々、連絡の取れる方々、
このブログの情報をお伝えください。

ブロガーの皆様は、どうぞコピペして発信してください。

東北・関東で被災された皆さんに、
たった今必要となる、貴重な情報です。


「災害看護 命を守る知識と技術の情報館 」
 
http://www.coe-cnas.jp

被災地にボランティアで向かわれる方へ

1)準備

(1)自己完結型の準備

1.

服装:身軽・安全・着脱しやすいもの、腕章(看護ボランティアと分かるもの)
2. 物品
*生活必需品(寝袋・食料・水 等)
*活動必需品(地図、コミュニケーションツール等連絡手段、医療器具(血圧計、聴診器等)、記録用紙等)

(2)災害の種類・時期に応じた服装・必要物品の準備

→例えば、水害の場合は軍手・ゴム手袋・ゴーグル・マスク・目薬・うがい薬・長靴など。また、夏場の活動であれば、熱中症対策(帽子、梅干し、塩 等)が必要である。

(3)ボランティア保険の確認

(4)活動期間の考慮

→相手との関係性や疲労面を考え1週間程度での交代が望ましい

(5)家族、職場など自分の周りの調整

2)情報収集

(1)情報収集内容

被災地域の状況
支援体制(下記3.被災地状況のアセスメントを参照に事前に得られる情報)
アクセス先(自分が現地のどこへ行くか)
→対策本部・ボランティアセンターの設置の有無、位置などを確認する

(2)情報収集先

個人的ネットワーク(知人・友人)
保健所・役場・保健センターなどの行政
全体的な状況把握には現地対策本部を活用

(3)情報収集手段

電話、インターネット、ラジオ、新聞 等

 考慮すべきことは、一般的なマスコミからの情報を得ることによって、災害の種類に応じて準備できるものがあることである。しかし地域特性、現場の状況から現地で判断・対応するものがあり現地に行かないと分からない情報もある。

 また限局した地域なら役所も住民のニーズを把握しているが、広範囲になると役所も混乱しているため情報は掴み難い。

そして発災後すぐは混乱・高揚があるため、すぐさま支援者のところにはニーズが上がってこないのである。

つまり発災後ニーズが表出されるには時間を要すると考える必要がある。また現地の支援者は「自分たちで何とかしたい、しなくてはいけない、何とか出来る」と被災地外部からの支援を遠慮したり冷静な判断が出来にくい状況があり、外部からの支援に対して拒否する傾向があるということを知っておく必要がある。

※情報提供:兵庫県立大学 地域ケア開発研究所

災害看護 命を守る知識と技術の情報館
http://www.coe-cnas.jp

人気ブログランキングへ  清き一票を!今何位?

|

« 観光客が消えた日光! | トップページ | 東日本大震災・福島原発の状況と今後の対応 その1 »

チーム日光・復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害看護 命を守る知識と技術の情報館 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その11):

« 観光客が消えた日光! | トップページ | 東日本大震災・福島原発の状況と今後の対応 その1 »