« 日光の観光業も震災で大打撃! | トップページ | 観光客が消えた三連休の日光、、 »

2011年3月21日 (月)

災害看護 命を守る知識と技術の情報館 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その12)

管理人が、この大災害で出来ること、、、、

以前 お会いした神戸の山ちゃんが、
阪神・淡路大震災の経験を活かし貴重な情報を提供してくれてます。

兵庫県立大学 看護学部の先生とともに、資料をとりまとめたものを、
何回かに分けて情報配信します。


転記致しますので、
被災地の皆様に、近隣の方々、連絡の取れる方々、
このブログの情報をお伝えください。

ブロガーの皆様は、どうぞコピペして発信してください。

東北・関東で被災された皆さんに、
たった今必要となる、貴重な情報です。


「災害看護 命を守る知識と技術の情報館 」
 
http://www.coe-cnas.jp

親しい人を亡くされた方へのケア(看護者向け情報)

親しい人を亡くされた方へのケア


災害で、大切な人を喪失したことによる悲しみは、想像を絶するものであることに間違いはありません。

また、それは、悲しみの渦中にいる人を見守る人々にとっても、辛く苦しい体験です。看護者は、基本的には、そばに寄り添い、見守ることが大切とされています。


無理に悲しむのをやめさせようとしたり、勇気づけたりする必要はありません。相手が気持ちをうち明けてきたら「本当に辛かったですね」と悲しみの感情を受容することが関わりの基本です。

混雑した避難所では困難かもしれませんが、静かで感情を表出できる場を設定することは、支援として非常に有効です。

死別の悲しみは、『ショックの時期』『怒りの時期』『深い悲しみの時期』『受け入れの時期』という4つの時期に区分され、各期を経過して、悲しみが癒されると言われています。


忘れてはならないことは、悲しみを受け入れ、立ち直っていくことには、その人なりの時間の経過が必要であることです。また、死別の悲しみに寄り添うことは、看護者にとっても大きなエネルギーを必要とします。


したがってケアにあたる看護者自身のメンタルヘルスにも配慮する必要があります

死別の悲しみが癒されるプロセスと周囲の人にできること


時期各期の特徴対応

ショック

感覚が麻痺し、周囲の物事が急速に現実感を失う。「目の前が真っ暗になる」「体中の力が抜ける」等は、受け入れがたい出来事から自分を守るための自然な反応である。麻痺から覚めるとパニックが訪れる。泣き叫んだり、うめいたり、眠れなくなり、食欲を失う。 本人のそばにいて、そっと温かく見守る。種々の手続き等で本人ができないことは代行する。
重大な決断は、先に延ばせるように配慮する。

怒り

死を引き起こしたものへの怒り、理不尽な運命への怒り、命を救えなかったことへの怒りが襲ってくる。怒りとそれに伴う行動は、辛い悲しみに直面することへの猶予である。 怒りを非難したり否定しない。「怒るのは当然だ」と受け止め、本人が孤立しないように配慮する。

深い悲しみ

怒りを出し切った後で本格的な悲しみが訪れる。涙が止まらなくなったり、動くことさえ苦痛になり、他人を避ける。再び不眠や食欲不振、無気力に悩まされる。これは死という事実を受け入れるための準備のステップである。 「いつまでも悲しんでないで」等と言わない。一人で思う存分泣ける時間を作ってあげたり、ときには、そっとそばにいて悲しみを共にする。

受け入れ

死を悼む純粋な悲しみだけが残る。思い出すことに苦痛を伴わなくなり、悲しみから解放されていく。 亡くなった人についての思い出を共有する。

注意)それぞれのプロセスにかかる時間は人により異なります。
出典)出典)David L Romo(1995):災害と心のケア,P32-33,アスク・ヒューマンケア.

人気ブログランキングへ  清き一票を!今何位?

|

« 日光の観光業も震災で大打撃! | トップページ | 観光客が消えた三連休の日光、、 »

チーム日光・復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害看護 命を守る知識と技術の情報館 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その12):

« 日光の観光業も震災で大打撃! | トップページ | 観光客が消えた三連休の日光、、 »