« 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その5) | トップページ | 計画停電の中、、、 »

2011年3月17日 (木)

東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その6)

管理人が、この大災害で出来ること、、、、

以前 お会いした神戸の山ちゃんが、
阪神・淡路大震災の経験を活かし貴重な情報を提供してくれてます。

兵庫県立大学 看護学部の先生とともに、資料をとりまとめたものを、
何回かに分けて情報配信します。


転記致しますので、
被災地の皆様に、近隣の方々、連絡の取れる方々、
このブログの情報をお伝えください。

ブロガーの皆様は、どうぞコピペして発信してください。

東北・関東で被災された皆さんに、
たった今必要となる、貴重な情報です。


「災害看護 命を守る知識と技術の情報館 」
 
http://www.coe-cnas.jp

もし自宅で、あるいは病院に向かう途中で赤ちゃんが生まれてしまったら

(1)連絡をとりましょう。

かかりつけの病院または近所の助産師とお産を手伝ってくれる人に連絡を取りましょう。


(2)赤ちゃんの呼吸の状態を確かめましょう。

泣いているか、手足を動かしているか、皮膚がピンク色かどうか確認しましょう。
泣かない時には、赤ちゃんの足や背中を強くさすって刺激しましょう。


(3)赤ちゃんの体を暖めましょう。

赤ちゃんの体についている羊水や血液を柔らかい布でよく拭きましょう。よく拭きとったら乾いた柔らかいバスタオルや毛布で包みましょう。そして、家族かお母さんが赤ちゃんを抱くようにしましょう。


(4)胎盤が自然に出てくるのを待ちましょう。

通常胎盤は30分以内に自然にはがれ出てきます。


(5)胎盤を処理しましょう。

出てきた胎盤は、ビニール袋に入れておきましょう。


(6)悪露(お産後の出血)の手当てをしましょう。

お産後には膣から出血しますので、紙オムツくらいの大きさのナプキンやバスタオルをあてましょう。子宮の収縮を良くし、出血を少なくするために、おっぱいを吸わせるとよいでしょう。サラサラと出血が流れて止まらない時は異常です。すぐに最寄りの病院へ行きましょう。


(7)病院へ移動しましょう。

移動のときには、他の人に手伝ってもらい、できるだけ寝たままの姿勢で移動しましょう。

※情報提供;兵庫県立大学 地域ケア開発研究所
http://www.coe-cnas.jp 

人気ブログランキングへ  清き一票を!今何位?

|

« 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その5) | トップページ | 計画停電の中、、、 »

チーム日光・復興支援」カテゴリの記事

コメント

ふぃふぁさま、ご無事でなによりです。
つる亭、ピアノがひとり歩きしておりました@

貴重な情報をありがとうございます。
来週からお教室に、
大きなぬいぐるみと、お絵かきできる一式など
用意をして子どもたちを迎えることにします。
できること、
小さなことからコツコツとまいりましょう。
きっと乗り切れます。日光の親父たちがいれば。

投稿: つるこ | 2011年3月17日 (木) 08時42分

つるこさま
ありがとうございます。
日光の観光業は相当なダメージをうけるでしょう。力をあわせて生き抜かないと、、、

投稿: ふぃふぁ | 2011年3月17日 (木) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その6):

« 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その5) | トップページ | 計画停電の中、、、 »