« 東北関東大震災・石巻市支援物資 第二回目 | トップページ | 本のための小さな家具展in日光 MITATE 2011-3 »

2011年3月28日 (月)

東日本大震災(東北関東大震災)・地震予知 その3

今回の東北関東大震災を予知されていた
Take your timeさんが、
3月27日付けで、気になる記事を投稿してました。

下記、内容を前提に転記いたします。


こういう時期ですから過度の不安を煽り、
予言まがいのことを流布することもどうかと悩みましたが、
眉唾ものの話でも、備えができれば 憂い無しです。


栃木県北部、北西部、(新潟中越地方)で、震源の浅い地震が起こる可能性があります。
2週間程、周辺地域の方は十分な備えが必要ではないかと思います。

震源が浅い断層型の地震では、先日の富士宮市の地震のようにM5~M6であっても 直近は震度6ぐらいになります。

こういう時期ですから過度の不安を煽り、予言まがいのことを流布することもどうかと悩みましたが、眉唾ものの話でも、備えができれば 憂い無しです。

今の日本はどこにいても一緒です。 どこにいても常に避難経路の場所などの確認を! 家族との待ち合わせの確認など、十分な備えをどうぞ改めて見直していただければと思います。

簡単に説明しますと、プレートの歪みが一気に解放されて、
それは、日本列島の陸側の シワ に影響が出てきます。
現状は、日本地図を見ますと 福島の原発があるあたりが 弓形に なっていますよね~
いわゆる ここ(山地)が弓なりに耐えていてくれた場所です。
(ここだけではありませんが)
その堪え忍ぶ いわゆる シワ は、福井まで続いています。

大震災以降、ここでの 震源の浅いM5~M6クラスの解放する地震が頻発しました。
その一連の流れが続くと思います。

東日本大震災後に、周辺で地震活動が活発になった活火山が少なくとも全国で13あることが26日、気象庁などへの取材で分かった。専門家は「1~2カ月は注意深く観測する必要がある」と指摘している。

地震の増加が観測されたのは、関東や中部の
 (1)日光白根山 (2)富士山(3)箱根山(4)焼岳(5)乗鞍岳(6)伊豆大島(7)新島(8)神津島、九州の(9)鶴見岳・伽藍岳(10)九重山(11)阿蘇山、南西諸島の(12)中之島(13)諏訪之瀬島。

 大半は11日の巨大地震直後から地震が増え、翌日には収まったが、箱根山、焼岳、富士山の周辺では25日時点でも地震活動が継続。 静岡大の小山真人教授(火山学)は「巨大地震により、地殻のひずみが解放された領域がある一方で、別の領域のひずみは蓄積され、東日本全体の地殻の状態が不安定になってしまった」と警鐘を鳴らしている。

因みに、3月28日夜中に日光市が震源の震度3の地震があったそうだ。
これが、予知の地震だったのなら大したことが無く良かったのだが、、、

今日の一言!
備えなあれば憂いなし!

人気ブログランキングへ  清き一票を!今何位?

|

« 東北関東大震災・石巻市支援物資 第二回目 | トップページ | 本のための小さな家具展in日光 MITATE 2011-3 »

チーム日光・復興支援」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとうございました☆彡
大地震が起こらないよう祈ります…。

投稿: おばんざい | 2011年3月28日 (月) 23時58分

おばんざいさま
こちらこそありがとうございました!
また寄らせて頂きます。

投稿: ふぃふぁ | 2011年3月29日 (火) 00時19分

私も今回の東北関東大震災に続き大きな地震があるよう思います。けどこないことを祈ります。

投稿: 日光 MITATE | 2011年3月29日 (火) 16時57分

日光 MITATEさま
ブログ発見!w

投稿: ふぃふぁ | 2011年3月29日 (火) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/51242258

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災(東北関東大震災)・地震予知 その3:

« 東北関東大震災・石巻市支援物資 第二回目 | トップページ | 本のための小さな家具展in日光 MITATE 2011-3 »