« 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その8) | トップページ | 「災害看護 命を守る知識と技術の情報館」 災害看護の専門サイトのサーバが不安定になっております。 »

2011年3月18日 (金)

東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その9)

管理人が、この大災害で出来ること、、、、

以前 お会いした神戸の山ちゃんが、
阪神・淡路大震災の経験を活かし貴重な情報を提供してくれてます。

兵庫県立大学 看護学部の先生とともに、資料をとりまとめたものを、
何回かに分けて情報配信します。


転記致しますので、
被災地の皆様に、近隣の方々、連絡の取れる方々、
このブログの情報をお伝えください。

ブロガーの皆様は、どうぞコピペして発信してください。

東北・関東で被災された皆さんに、
たった今必要となる、貴重な情報です。


「災害看護 命を守る知識と技術の情報館 」
 
http://www.coe-cnas.jp

化学療養中の災害と食事

化学療法はがん細胞を攻撃するとともに、その他の正常な細胞にも影響を与えます。そのため個人差はありますが、吐き気、嘔吐、味覚や嗅覚の変化、下 痢、便秘、口内炎、疲労などが起こったり、それらの副作用によって食事量が低下したり、食べたものがうまくからだに吸収されない状態が起こったりすること もあります。

また、気が動転していたり、心配だったり、怖かったり、心理的に不安定な時も食べられなくなります。食欲不振と吐き気は、神経過敏や、恐れがあるときの正 常な反応です。一度治療が始まれば、自分のからだにどんな反応が起こるのか予測がつきます。その予測によって、不安に伴う食事の問題はよくなるでしょう。 

あなたも、ご自分の体験から化学療法中の食事についていろいろと工夫をされていることと思います。

しかし災害時は、予測できないことが多く発生してきます。災害によるストレスや疲れも出てくるでしょう。ライフラインが停止し、交通が遮断された場合に は、いつも手に入る食品が手に入らなくなります。

そのような時は、食事へ与える影響も大きくなります。化学療法を受けている期間に、もし災害が起こったら 食事への対処はどうすればよいのでしょうか?避難所での食生活で気をつけることは何でしょうか?

食事は大切です-災害時であっても可能な範囲でバランスよく-

化学療法を受けている期間中、しっかり食べることは非常に大切です。その期間中に「しっかり食べること」のできる人は、副作用や感染症にも対処しやすくなります。また、からだが健康な組織をより早く再生できるようになります。

 「しっかり食べること」とは、からだに必要なすべての栄養素を含むバランスのとれた食事療法を意味します。これは、日頃の食生活にもいえることですが、 いろいろな食品を、バランスよく食べることでさまざまな栄養素をとることができます。

災害時には入手できる食品や避 難所で配給される食事内容に限界はありますが、困難な中でも、可能な範囲で摂取することが望ましいでしょう。

<>

災害に遭遇した時、ストレスを和らげるにはどうしたらいいですか?

災害に遭遇した場合、避難所生活を強いられる時であっても、災害のストレスあるいは、がんやその治療からく るストレスを緩和するには、たくさんの方法があります。手軽にできることとして、深呼吸をしながら、身体の緊張を取るリラックス法などがあります。誰かに 気持ちを聞いてもらうことも有効です。

災害時に、抗がん剤の副作用で食べることができなくなったら工夫できることはありますか?

避難所で行える工夫として以下にその方法を紹介します。

食事と一緒でなく、食事の1時間前と後に水分をとりましょう。水分は少しずつ頻回に取りましょう。
食べたり飲んだりはゆっくり行いましょう。
大きな食事を3回取るよりも、回数を多く、少しずつ取りましょう。
臭いが気になる時は、食事を冷たくするか、室温に冷まして取りましょう。
食欲のない時は、口当たりのよい、飲みやすいあっさりしたものが食べやすいようです。
水分の多い果物(メロン、りんご、みかんなど)、酢の物などが手にはいるようであれば、もらっておきましょう。
よく噛んで食べましょう。消化を助けます。
食後に座ってゆっくりしましょう。ただし、食後少なくとも2時間は横にならないで、少し上半身を上げて休むのがよいでしょう。
ゆったりした衣服を身に着けましょう。
吐き気がある時は、深くゆっくりと呼吸して下さい。
友人や家族と雑談したりして、気をそらしましょう。
リラックス法を取り入れましょう。
吐き気が通常、化学療法の最中に起こるようであれば、治療の数時間前は、食べることを避けて下さい。
甘いものや、油で揚げたものや、こってりした食べ物はやめましょう。
治療中ではなく、治療の前に、軽く食事をしましょう。
気になる臭いを避けましょう。例えば、食事の臭い、タバコの臭い、香水などです。これは、避難所ではむずかしいかもしれませんが、自分の状況を伝えて、できるだけ優先的に場所を確保できるようにお願いしておきましょう。

冷たい透明な飲み物を飲みましょう、透明なりんごジュースや、ぶどうジュース、炭酸のない清涼飲料水など、カフェインがないものをとりましょう。

もし、嘔吐が朝におこるのならば、トーストや、クラッカーのような乾いたものを起きる前に食べてみましょう。しかし、唾液が少ないために、口内炎やのどが痛い人はやめましょう。

ミントや、酸っぱいキャンディをなめてみましょう。ただし、口内炎やのどの痛みがある人は、酸っぱいキャンディはやめましょう。

脱毛のケアはどのようにしたらいいですか?

避難所で行える工夫として以下にその方法を紹介します。 化学療法を受けている期間中に災害に遭遇した時、あなたの頭皮と髪をケアするために、次にあげるようなことを試してみましょう。

シャワーを使えない時は、頭皮の清潔を保つために、ぬれタオルを電子レンジで温めて頭を拭きましょう。
柔らかいヘア・ブラシを使いましょう。
ドライヤーなどの電化製品を使うことができない時は、よくタオルで水分を拭き取り乾かすようにしましょう。
前もって髪を短くしておきます。ショート・ヘアは毛をより多く見せてくれますし、脱毛が起きた時により対処しやすくなります。

髪の毛がほとんどない場合は、太陽から頭皮を保護するために、日焼け止め、帽子、あるいはスカーフを使いましょう。

※情報提供;兵庫県立大学 地域ケア開発研究所
http://www.coe-cnas.jp

人気ブログランキングへ  清き一票を!今何位?

|

« 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その8) | トップページ | 「災害看護 命を守る知識と技術の情報館」 災害看護の専門サイトのサーバが不安定になっております。 »

チーム日光・復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その9):

« 東北・関東大地震 被災地の皆様へ!(その8) | トップページ | 「災害看護 命を守る知識と技術の情報館」 災害看護の専門サイトのサーバが不安定になっております。 »