« 日光のグルメ 196 お食事処 大滝茶屋 | トップページ | 豊島区雑司ヶ谷 旅猫雑貨店と「わめぞ」 »

2011年5月21日 (土)

日光宇都宮道路 日光口PAキスゲ植栽祭

3r0027160
昨年8月末に閉鎖となった日光霧降高原キスゲ平のリフトが撤去され、
今年度から遊歩道とレストハウスの工事に入る。
よってキスゲ平のキスゲは、残念ながら登山道からの観賞となるようだ。

例年開催されている日光キスゲ祭りも中止となるようです。

折角、キスゲを観に来られるお客様に、少しでも楽しんで頂けるよう、

霧降高原チロリン村では、
「霧降高原キスゲ祭りinチロリン村 2011」を開催する予定です。
6月18日(土)19日(日)・25日(土)26日(日)

内容は後日!

今回は、そのプロローグとして、

5月25日(水)14時より、
日光宇都宮道路 日光口PA(宇都宮→日光)にて、
キスゲの植栽を行います。

(観光客の方も参加出来ます。)

P1070733

日光口パーキングエリアに、
約400株のキスゲの苗を植え、6月中旬の開花時期には、
日光に観光に来られる方々をキスゲの花でお出迎え致します。

以下、asahi.comより転記
  

栃木県日光市は、昨夏廃止した霧降高原リフト跡地での植物園工事について、6~7月のニッコウキスゲの開花期間中も実施し、園内のほぼ大半を立ち入り禁止にすることを決めた。工期の前倒しが理由だが、市側はこれまで開花期には中断し、キスゲ平の園地に入って観賞できると説明してきた。地元の観光関係者からは不満の声も出ている。

 約26ヘクタールの高原には、約26万株のニッコウキスゲがあるとされ、開花期には多くの観光客がリフトで空中散歩を楽しんだ。

 市はリフト跡地を、小丸山(標高1601メートル)の中腹に広がるキスゲ平の植生を生かし、遊歩道や木道で巡る「霧降高原高山植物園(仮称)」にする計画。標高約1340メートルから約1580メートルまでの斜面約750メートルを木道の階段でほぼ直線に結ぶほか、中腹に延長1.8キロの遊歩道を巡らせ、各所に展望台を設置する。総工費は約7億9千万円で2013年4月のオープンを目指している。

 今年度は出発点に新設するレストハウスなどを整備するが、市観光交流課によると、当初6カ月を予定していた工期が実際には9カ月必要となった。さらにその前に駐車場の造成や古い建物の撤去を前倒しする必要が生まれ、6月にも工事をすることになった。市側は「不便を強いることになり申し訳ないが、年度内に遊歩道整備まで終わらせたい。来年は開花時期には園内で観賞できる」と話す。

 市側はキスゲの観賞ルートとして、園地の北側を通る登山道の利用を呼びかける。園内では、第3、第4リフトの乗り換え地点だった標高1450メートル付近で群落のある小道約150メートルは開放するとしている。小道までは駐車場から登山道で徒歩約30分の距離だ。

 地元の観光関係者は「登山道からは樹木の陰になってニッコウキスゲの群落を眺めるのは難しい。日光を代表する観光資源のキスゲを生かせないのは、残念でならない」と話している。(服部肇)

今日の一言!
キスゲ平のキスゲが観れなくても、
霧降高原のイベントは沢山あるので遊びに来てね!

人気ブログランキングへ  清き一票を!今何位?

|

« 日光のグルメ 196 お食事処 大滝茶屋 | トップページ | 豊島区雑司ヶ谷 旅猫雑貨店と「わめぞ」 »

日光の行事・イベント」カテゴリの記事

コメント

なんだかわからないコメントの後に失礼します。
地域のためにご尽力されているブログに感動しています。
毎回読んでいます。

投稿: 徳次郎 | 2011年5月21日 (土) 22時55分

徳次郎さま
ありがとうございます!w

投稿: ふぃふぁ | 2011年5月22日 (日) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光宇都宮道路 日光口PAキスゲ植栽祭:

« 日光のグルメ 196 お食事処 大滝茶屋 | トップページ | 豊島区雑司ヶ谷 旅猫雑貨店と「わめぞ」 »