« 日光霧降高原2011 ニッコウキスゲ、九輪草咲く! | トップページ | 日光のグルメ 199 古民家酒房 菜音 »

2011年6月 7日 (火)

酒とキネマの夕べ@金谷ホテル・デイサイト vol.4

久しぶりに訪れた日光金谷ホテル バーデイサイトにて、、、

映画をテーマに、Fバーテンダーにカクテルを!

リバー・ランズ・スルー・イット
A River Runs Through It


モンタナの大自然の中で、家族の絆を描いた
ブラッド・ピッドの出世作。
 
公開 1992年
製作国 アメリカ
監督 ロバート・レッドフォード

原作・脚本 ノーマン・マクリーン リチャード・フリーデンバーグ
音楽 マーク・アイシャム
出演者 ブラッド・ピッド クレイグ・シェファー トム・スケリット

舞台は1910 - 1920年代のアメリカ合衆国モンタナ州ミズーラスコットランド出身の厳格な牧師の父、真面目で秀才の兄、陽気で才能に恵まれながら自分の生きる道を見いだせない弟。三者に共通する事は、幼い頃から父に教わってきたフライフィッシングだった。兄はやがて大学の講師の職を得、シカゴへと旅だってゆく。弟は地元の街で新聞記者の職を得るものの、破天荒な人生を生きていた。しかし、フライフィッシングを極め、釣りの師である父もその才能が非凡である事を知る。しかしギャンブルにのめり込み・・・・・・。人々の人生は様々で、楽しい事・悲しい事・苦しい事はあるが、そんな時の流れのなかで、川は変わらぬ姿で流れ続ける(A River Runs Through It)という物語。(ウィキペディアより)

ということで、、、
 

映画の中で、兄ノーマンが粋に飲んでいた
ボイラーメーカーを注文!

P1080707
普通のボイラーメーカーは、
タンブラーにバーボンウイスキーを入れて、
ビールを注いで軽くステアするカクテル。

ノーマン流は、ビールグラスに、
バーボンが入っているショットグラスを豪快にドボン!

P1080708

グラスの中にグラスが、、、
美しい~~

バーボンをビールで割るのだから、
当然アルコールの強いカクテルですが、
バーボンの甘さに、ビールの苦味がよく合い飲みやすいカクテルです。

P1080717
ボイラーメーカーの由来は、
飲むと体がボーラーの様に熱くなるからとか、、、

これを注文すれば、ブラピ張りのFバーテンダーが、
きっと貴方をボイラーのように熱くしてくれることでしょう!ww

今日の一言!
管理人をそんなに酔わせてどうするつもり?

人気ブログランキングへ  清き一票を!今何位?

|

« 日光霧降高原2011 ニッコウキスゲ、九輪草咲く! | トップページ | 日光のグルメ 199 古民家酒房 菜音 »

日光市街」カテゴリの記事

日光で呑む!」カテゴリの記事

日光金谷ホテル」カテゴリの記事

コメント

先週はありがとうございました‼
また楽しみにお待ちしてます(^o^)
ボウモアドラゴン…(笑)

投稿: おばんざい | 2011年6月 8日 (水) 11時35分

おばんざいさま
では、次回は40年物を!w

投稿: ふぃふぁ | 2011年6月 8日 (水) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/51855900

この記事へのトラックバック一覧です: 酒とキネマの夕べ@金谷ホテル・デイサイト vol.4:

« 日光霧降高原2011 ニッコウキスゲ、九輪草咲く! | トップページ | 日光のグルメ 199 古民家酒房 菜音 »