« 向笠千恵子さん「日光学」講座 「日光天然氷」を受講する! | トップページ | 南三陸町歌津にて、海釣り体験 »

2011年8月22日 (月)

南三陸町歌津へボランティア!

Map

先日、復興支援グループ「チーム日光」の皆さんと
南三陸町歌津にボランティアへ行ってきました。

ボランティアの内容は、
5月14日から続けている歌津駅から伊里前保育所までの
総延長 約700mの山側の斜面の漂流物撤去作業です。

地図をご覧になると分かると思いますが、

高台の歌津駅から壊滅した伊里前漁港を見る。↓Dsc00098
高台にある歌津駅ホームも津波で流されてしまった。↓
Dsc00095
津波は、港町を飲み込み、高台の歌津駅を越えて、
この写真で分かるように、駅から700m先にまで到達していた。
そして、数メートル上の斜面にまで漂流物が、、、

作業前の5月の写真 ↓Img_2068

通学路でもあるこの道路の斜面を、
小供達に見せたくないとの地元の方の要望で、
「チーム日光」が担当で5月から作業を行っている。

では、作業内容を動画で、、、
 

猛暑の中、ヘルメットやマスク、長袖 長靴での作業は、
本当に暑くて大変でしたが、今回のボランティアで、
総延長700メートルの作業を無事に完了する事が出来ました。

クリックして動画をどうぞ!

綺麗になった700mの斜面を動画でどうぞ!
  ↓

漂流物撤去作業終了後は、
漁網の再生です。

津波で流された漁網は、一旦海から引き上げられただが、
何本もの漁網が複雑にからみついてしまい、
使用できないまま放置されています。

その漁網を1本づつ解きほぐし、
へばりついたゴミ等を落として綺麗にとすという
根気と頭脳と腕力のいる仕事である。

三拍子そろった人間は中々いないので、
午前中の作業で体力を消耗した人は、
倉庫で漁網のゴミ取りをする根気チームへ。

残りの人は、頭脳チームと腕力チームに別れ漁網を解く作業へ。

詳しくは、チーム日光のキセキで!

「チーム日光」第13回ボランティアの皆様
お疲れ様でした!

Dsc00444

震災から既に5ヶ月!
随分片付いたと言われる方もいますが、 
まだまだ津波の爪痕が沢山残っており、
ボランティアの作業は沢山残っています。

参加して頂ける方は、RQ市民災害救護センターまで!

こちらの方も投稿しています!
  ↓
日光を漂ふさま 砂時計主義さま チーム日光のキセキ

今日の一言!
尚、次回の「チーム日光」歌津ボランティアは、
9月末の予定です。こちらも参加お待ちしてます。

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 向笠千恵子さん「日光学」講座 「日光天然氷」を受講する! | トップページ | 南三陸町歌津にて、海釣り体験 »

チーム日光・復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/52477454

この記事へのトラックバック一覧です: 南三陸町歌津へボランティア!:

« 向笠千恵子さん「日光学」講座 「日光天然氷」を受講する! | トップページ | 南三陸町歌津にて、海釣り体験 »