« 日光市・小百川桜公園 桜開花情報 2012 | トップページ | 日光のグルメ 244 日光くじら食堂 Kujira Barで飲む! »

2012年4月22日 (日)

南三陸町歌津にて、ワカメ刈り

Dsc02026

先日、南三陸町歌津にて、
ワカメ刈りの作業を見学させて頂きました。

歌津伊里前の(株)マルタ拓洋水産の千葉さんは、
この地でただ一軒、牡蠣養殖再生のため、
伊里前牡蠣復興支援 結っこ基金を立ち上げ、
歌津の復興に日々尽力されている方です。


以下、結っこ基金 HPより、

現在の伊里前には船をつける岸壁はありません。牡蠣筏(いかだ)もフォークリフトも津波に飲まれて流されました。さらに、漁協で所有していた牡蠣剥き場や濾過場、必要なすべてを失いました。国の援助はいまだ具体的な見通しがつかず、再建には新たに莫大な個人負担が必要です。さらに深刻なのは後継者がいなく、協業ができないという現状です。伊里前湾で牡蠣養殖を営んでいた全部で8世帯の漁師はほとんど高齢者です。震災での牡蠣養殖の再建を諦め、皆さんワカメ養殖に切り替えました。26歳になる息子が、歌津では貴重な牡蠣養殖後継者の一人となりました。
Dsc02029

朝4時から作業をしているという千葉さん家族と、
歌津魚竜館前の小さな埠頭で待ち合わせをして、、、
  

Dsc02127

ワカメの養殖場に同行させてもらいました。

実は、あの大津波の後、海は以前に増して綺麗になったという。

養殖筏も少なく、海の養分も十分ある為、
ワカメも良く育ったそうだ。

昔から三陸わかめは、
肉厚でコリコリとした歯ごたえが楽しめる高級ブランド!
中でも歌津産は牡蠣と同様、市場で最高評価を受けている。

Dsc02147001

港で待っている奥さんが、
手際良くめかぶを茎から削ぎ落とす。

Dsc02035
1カゴ数十kgもあるワカメを軽トラに積む作業、
以前はフォークリフトで行っていたが、
今回の津波で全て流されてしまったそうだ。

Dsc02051
近くの加工場に運び、重量を計る。

Dsc02073
網パレに入れなおし約500kgをまとめて湯通しする。

Dsc02089
南三陸のわかめ刈りもそろそろ終盤となり、
これから本格的な牡蠣養殖の第一歩が始まります。

牡蠣が出来るまでは、3年掛り、
資材購入の為に莫大な資金が必要です。

南三陸歌津の牡蠣を復興させる為に、
皆様、結っこ基金に是非ご参加ください。

まだまだ、資金が足りません
目標は6,000万円 現在990万円となっています。

支援金の半分は、牡蠣が採れた時に
支援者へ美味しい牡蠣が送られて来ます。

こちらで、募金が出来ます。→ 結っこ基金

P1210659001

お土産に頂いた 三陸わかめ!

採れたての生わかめを湯通しすると、
あっという間に、美しい緑色に!

P1210666
めかぶもこんなに綺麗な緑に!

P1210671

肉厚でコリコリ、ネバネバ!
海の香りが、口の中一杯に広がります!

P1210675

歌津伊里前で、
たった一艘残った船のオーナーが作ったワカメだよ!
と、説明して、ご近所に配ったら、

縁起のいいワカメだね~とみんな大喜び!

三陸ブランド健在です!

今日の一言!
千葉さん!お忙しい中、ありがとうございました!

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 日光市・小百川桜公園 桜開花情報 2012 | トップページ | 日光のグルメ 244 日光くじら食堂 Kujira Barで飲む! »

チーム日光・復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/54489165

この記事へのトラックバック一覧です: 南三陸町歌津にて、ワカメ刈り:

« 日光市・小百川桜公園 桜開花情報 2012 | トップページ | 日光のグルメ 244 日光くじら食堂 Kujira Barで飲む! »