« 日光のグルメ 293 足尾 お食事処川本 とり丼を食べる! | トップページ | 地方自治法施行60周年記念貨幣 栃木県版500円バイカラー・クラッド貨幣(眠り猫と雀) »

2013年1月19日 (土)

日光のお土産 61-3 三依 井上豆腐店の凍豆腐!

Dscf0316002
以前、下野新聞「味るくつログ」コーナーの取材の為、
岩固豆腐の井上豆腐店を訪れた時、
店主より、昔から真冬に
凍豆腐(高野豆腐)を作っている話を伺った。

凍豆腐とは → (こちらで)

日光の厳しい寒さを利用して小寒の時期から、
岩固豆腐を凍らせ、乾燥させているそうだ。

前回の記事 → (こちらで)

日光で、冬の寒さを利用した商品と言えば、
天然氷や寒晒しそば等が有名だが、
この凍豆腐も正に冬の商品!

ということで、、、
 

ちょっと覗いてきました!

Dscf3404_2

自然の寒さでゆっくりと凍らせることで、
豆腐の水分が表面に凍りつき
プラスチックのように硬くなっていて、
お餅のような感じ?

Dscf3412

ここの凍豆腐は、
完全に乾燥させる凍豆腐ではなく、
凍らせたまま保存するタイプ。

ということで、

早速肉豆腐に挑戦!

Dscf3427
水に浸して解凍すると、飴色だった凍豆腐が、
不思議に、白色に戻ってきました。

Dscf3430
アップにすると、、、
スポンジのような、荒目の穴が沢山出来ていて、
お汁を沢山吸ってくれそう~

Dscf3432
アッと言う間にお汁一杯吸い込んで、
美味しそな色合いに変身!

Dscf3435
あの濃厚な豆腐の旨味が更に凝縮され、
湯葉のような歯応えがあり、
肉の旨味が中まで染込んでいて美味しい~

日光の冬の寒さで作られた凍豆腐と、
前回紹介した「いぶりとうふ」を充てに熱燗を呑む!

冬の日光もいいね~

今日の一言!
凍豆腐は季節限定商品なので、
興味のある方は、電話で確認してね!

井上豆腐店

住所 栃木県日光市中三依667
電話 0288-79-0058
時間 8:00~17:00
休み 不定休

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?


より大きな地図で 日光観光案内地図 「お土産マップ」 を表示

|

« 日光のグルメ 293 足尾 お食事処川本 とり丼を食べる! | トップページ | 地方自治法施行60周年記念貨幣 栃木県版500円バイカラー・クラッド貨幣(眠り猫と雀) »

鬼怒川・川治・三依地区」カテゴリの記事

日光のグルメ!」カテゴリの記事

豆腐・味噌・材料」カテゴリの記事

日光のお土産」カテゴリの記事

コメント

豆腐工場に「看板」出ましたね。
これならわかりやすいかも。

投稿: 徳次郎 | 2013年1月20日 (日) 14時47分

徳次郎さま
やはり看板は大切ですね!

投稿: ツジ | 2013年1月20日 (日) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/56538897

この記事へのトラックバック一覧です: 日光のお土産 61-3 三依 井上豆腐店の凍豆腐!:

« 日光のグルメ 293 足尾 お食事処川本 とり丼を食べる! | トップページ | 地方自治法施行60周年記念貨幣 栃木県版500円バイカラー・クラッド貨幣(眠り猫と雀) »