« 会津西街道 そば処大川  | トップページ | 日光のグルメ 291 ぱん工房 薫風堂 メロンパンを食べる! »

2013年1月 7日 (月)

日光のお土産 72 片山酒造 酒ケーキと酒蔵見学!

Dscf1108

日光には、2軒の造り酒屋があり、
その内の1軒が、ここ片山酒造さんである。

ここで造られている人気ブランドの原酒柏盛は、
槽搾り(佐瀬式)という手作業で時間を掛けて搾られる
酒通に評判のお酒なのです。

Dscf1139

そして、もう一つの人気商品が「酒(さけ)ケーキ」

第23回全国菓子大博覧会で会長賞を受賞したそうだ。

原酒柏盛をスポンジケーキにたっぷり染み込ませた
20年間ロングセーラーのお酒のケーキなのです。

Dscf1144_2
箱を開けると、、、
  

Dscf1164

お酒がタップリ染み込んでいるので
スポンジケーキなのに、ずっしりと重たいのです。

一口食べると、、

スポンジのふんわり感と、
タップリと染み込ませてあるお酒のしっとり感が
いい塩梅になっていて、カステラの様な食感。

アッと言う間にスポンジケーキが溶けて無くなり、
日本酒の香りがホワ~
そしてほのかにコニャックの香りがフワ~
後から麹の甘さが口の中にトロ~

Dscf1170
これなら、お酒が苦手な人でも美味しく食べられますね。

その日は、ちょうど六代目当主が店番をしていたので、
酒蔵見学をさせて頂きました。

Dscf1112

洗米をして蒸気で米を蒸す釜と、
何故かポーズをとる六代目当主ww

Dscf1113

製麹室で、蒸し上げられた米に種菌をかけ
麹菌が繁殖しやすい温度と湿度で管理する。

Dscf1131

下の写真が、槽搾り(佐瀬式)の機械
全国でも少なくなった製法だそうだ。

Dscf1128
もろみをひとつひとつ手で袋詰めし、
ゆっくりと時間を掛けて搾る。
時間が掛かり、少量しか出来ないが、
雑味の少ないまろやかなお酒が出来る。

Dscf1118

貯蔵タンクには、数千リットルのお酒が、、、

あ~ このタンクで溺れてみたい~w

Dscf1137

何故か、米麹と対話する六代目当主w

Dscf1141

ということで、少量販売の為、
直販に拘わる片山酒造さん。

当主とお母様が、酒蔵でお待ちしております!

今日の一言!
ふぃふぁ山荘プロデュ-スの新ケーキ作りましょう~w



片山酒造

住所 日光市瀬川146-2
電話 0288-21-0039
時間 8時~19時
休み 不定休

より大きな地図で 日光観光案内地図 「お土産マップ」 を表示

|

« 会津西街道 そば処大川  | トップページ | 日光のグルメ 291 ぱん工房 薫風堂 メロンパンを食べる! »

今市地区」カテゴリの記事

日光のお土産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/56379661

この記事へのトラックバック一覧です: 日光のお土産 72 片山酒造 酒ケーキと酒蔵見学!:

« 会津西街道 そば処大川  | トップページ | 日光のグルメ 291 ぱん工房 薫風堂 メロンパンを食べる! »