« 特派員T  第1回日光創新塾 | トップページ | 日光キャンドルページェント 2013 冬の花火 »

2013年2月 9日 (土)

特派員F 2013年第8回 日光鉢石宿のおひなさま

Dscf4736

今回の投稿は、特別出演のふぃふぁ特派員F
日光市在住の「ふなどん」さまです。


日光の春の風物詩となりつつある
「日光鉢石宿(はついしじゅく)のおひなさま」が

211日から始まります。

 「鉢石宿」は、日光街道の終点の宿場。

 ここを中心とした駅~神橋~田母沢御用邸の
沿道を中心に商店や民家の軒先に、
それぞれ自慢のおひなさまが飾られるのです。

01_1_4
日光は何度も行っている・・・という方も、
のんびりまち歩きをしながら、
地元の人たちといろんな話をすると
新たな発見があるかもしれませんよ。

ところで、、、
   

02
そもそも、このイベントは、
主婦
4人グループで創められ、
草の根的な広がりをみせながら
日光の春の一大イベントに成長し、
今回で
8回目を迎えます。
手作りの魅力はやはり伝わるのですね。

なぜ日光でおひなさま?とお思いでしょうが、
実はおひなさまと日光、意外なつながりがあるのです。

03_2
「ひなまつり」は、室町時代の「ひとがた」や
「流し雛」の風習がルーツのようですが、
江戸時代、徳川二代将軍・秀忠公の娘(ということは江の娘)
和子(まさこ)様が後水尾天皇の妃になる際に、
京都御所で盛大に行われた「ひなまつり」が、
現在のひなまつりにつながっているそうです。

徳川家の聖地・日光でおひなさま・・・
深いご縁がありそうです。

04_2

(ちなみに東照宮・石鳥居の額の
「東照大権現」の文字は、後水尾天皇の筆。
また、和子様=東福門院が寄進した燈籠もあります。)


「鉢石宿のおひなさま」は33日まで。

関連イベントやスタンプラリーもあります。

ぜひ日光で春を先取りしてください。

[詳しい情報は→(コチラデ!

尚、2月1日~2月15日までは、
YOKOSO!NIKKO DESK

外国からのお客様に「日本のお正月」を体験する
外国人歓迎Weeks開催中。

無料日帰り温泉着物レンタル割引などメニュー盛りだくさん。
通訳ガイドボランティアもあるそうだ。

詳しくは、日光観光協会へ! 0288-54-2496

今日の管理人の一言!
ふなどんさん、特別参加ありがとうございます。
どんどん投稿お願いします。

ふぃふぁ山荘特派員F ふなどんさんのプロフィール

日光観光のエキスパート!
管理人と同世代で、
日光に観光に来られる方に、
楽しんでもらおうと日々精進されている方です。

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 特派員T  第1回日光創新塾 | トップページ | 日光キャンドルページェント 2013 冬の花火 »

日光市街」カテゴリの記事

「ふぃふぁ山荘」特派員」カテゴリの記事

日光の行事・イベント」カテゴリの記事

コメント

ふなどんさん、初投稿、おめでとうございます。
今後、地元に密着したHotな話題を期待しています!!

投稿: 珈茶話パパ | 2013年2月10日 (日) 06時54分

珈茶話パパさん>ありがとうございます。正体バレバレですが、ここでもたまに登場させていただきますので、よろしくお願いします。

投稿: ふなどん | 2013年2月10日 (日) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/56681212

この記事へのトラックバック一覧です: 特派員F 2013年第8回 日光鉢石宿のおひなさま:

« 特派員T  第1回日光創新塾 | トップページ | 日光キャンドルページェント 2013 冬の花火 »