« 特派員T  個人的に大好きな今市の中華料理店「山泉楼」 | トップページ | 日光のグルメ 300‐2 中国料理 香雅 かたやきそばを食べる! »

2013年3月20日 (水)

特派員O  日光 男の一人歩き 吉田屋酒店で紅白活性(発泡性)にごり生酒「朱」を買う!

Img_9485

今回は、特派員0
東京在住の
太田さんからの投稿です。

日光のメイン道路を歩いていると、
古い建物が神橋近くになると目立ってきます。

明治の初めに、この付近で火災が発生。
ほとんどが焼失したそうです。
その中でかろうじて焼失を免れた建物が、
現在も残って営業していました。

その情緒ある建物で、今も営業している「吉田屋酒店」。
木造土壁のどっしりとした風格ある建物に入ってみることにしました。


中に入ってみると、、、
  

Img_9486

土壁の調湿で安定した空気が漂っている事に気づきます。
いろいろな酒屋に行ってみましたが、
この空気を残している酒屋が少なくなりましたからねぇ~

店主に、「おみやげにしたいのですが、
推薦していただけないでしょうか」と言うと、
出してくれた日本酒がこれ!

Img_9405

ピンク色の日本酒?ワインじゃないの? 

店主 「古代米を元に作ったお酒なので赤くなるんです、
昨年はもっと赤くなりましたよ」

左が去年で、右が今年の物。
年によって色の出方が違うということらしいです。
それとこのお酒、限定
600本しか製造していないとか。

Img_9409_2

無くなる前に、推薦のお酒「朱」二本ください。

ロット番号8384をゲット。

店主 「3月の初めにビン詰めしたので、まだ発酵中です。
飲むのは
4月にしてくださいね。
それと、膨張していますので、栓を一度開けて、
それから振って飲んでください」との事。

4月になるのが楽しみです。
花見に使わせていただきま~す。

吉田屋酒店のホームページは → (こちら)

 

今日の管理人の一言!
あれ! 太田さんが買ったのは、

シリアルNO.83と84だったんですか~

Dscf5374

管理人は、今年もNO.1をゲット!!

Dscf5375_2
日光に10年以上住めば、
NO.1を買える権利があるのです~(笑)

まだまだ初心者!
頑張って、日光に通ってね~~ww

吉田屋酒店

住所 日光市上鉢石町1044-1
電話 0288-54-0167

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

より大きな地図で 日光観光案内地図 「お土産マップ」 を表示

|

« 特派員T  個人的に大好きな今市の中華料理店「山泉楼」 | トップページ | 日光のグルメ 300‐2 中国料理 香雅 かたやきそばを食べる! »

日光市街」カテゴリの記事

「ふぃふぁ山荘」特派員」カテゴリの記事

日光のお土産」カテゴリの記事

日光のショップ」カテゴリの記事

コメント

 やはり管理人様にはかないませんね~。
まさか、1番をゲットしているなんて思ってもいませんでした。

 この、お酒は4月の花見(日光)で、飲もうかと思っています。

投稿: 太田 君 | 2013年3月20日 (水) 22時35分

太田さま
東京は、もう花見やってますね!
今年は早すぎます。

投稿: ツジ | 2013年3月20日 (水) 23時30分

一番て何個あるのでしょうへえー?
私なら十本は準備していますヨ(笑)

投稿: 徳次郎 | 2013年3月21日 (木) 05時40分

おはようございます。
私もM酒店で2本買いましたが、
「飲み方」の説明がありませんでした。
「美味しく飲んで頂けること!」を心している
吉田酒店さんに乾杯です!!bar

投稿: 珈茶話papa | 2013年3月21日 (木) 07時09分

へへ、私も1番ゲットしてます。smile

http://dendo-annai.blog.ocn.ne.jp/nikko/2009/02/post_04b9.html

投稿: 日光を漂ふ | 2013年3月21日 (木) 07時46分

皆さま、来年は誰が1番を買えるか楽しみです。

投稿: ツジ | 2013年3月21日 (木) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/56927706

この記事へのトラックバック一覧です: 特派員O  日光 男の一人歩き 吉田屋酒店で紅白活性(発泡性)にごり生酒「朱」を買う!:

« 特派員T  個人的に大好きな今市の中華料理店「山泉楼」 | トップページ | 日光のグルメ 300‐2 中国料理 香雅 かたやきそばを食べる! »