« 日光のグルメ 333 お食事処 こまくさ 焼肉中華風定食を食べる! | トップページ | 日光焼きそばまつり2013  優勝は「晃のや」さん! »

2013年11月26日 (火)

特派員O  雨の日は「日光鱒釣紳士・避暑地物語」を読む

Img_27281
今回は、ふぃふぁ特派員O
東京在住の
太田さんからの投稿です。

特派員O  日光男の一人旅

日光の事を知りたければ、この本を絶対に読むべし。

そう言っていた管理人様の言葉を信じて、
この本を読んでみることにしました。

ネットでも買えるのでは? 探してみるがどこにもない。。。

今は、絶版ということで、古本屋でも手に入る事はない。

それが、日光市立図書館にはあるというではないか。
予約を入れること半月。やっと揃ったということで、
早速受け取りにいきました~。

雨のために、何処にも行けなかった。という訳ではないが、
たまには本を読め、という天からの達しだったのだろう。
本を読む時間を作れたことに感謝し、
静かな霧降で居眠りしながら没読する特派員
Oであった。。。。 
(温かい服装でまったり・・・)

まずは、日光避暑地物語から読むことに、、、
  

Img_27291

この2冊の本を読んでいて、
「日光」についてのイメージが少し変わった。

「日光」は徳川時代から栄え、現在も有名な観光地である。
それは勝手に思っているだけであって、
徳川時代が終わると「日光」は廃れていった。
それはそうだ、援助してもらうするところが無くなってしまったのだから。。。

Img_27301

明治に入り、世界の外交官が暑い都会を離れ、
涼しい「日光」に訪れるようになる。

その経過と発展に尽力を費やした方たちの話が満載で、
東照宮が主役の今とは違い、中禅寺湖が主役であった。
という「日光」。当時の面影を残す遺物は多々あるが、
その登場する人物たちの趣味と娯楽によって、
再び「日光」は脚光を浴びる避暑地となる。

昭和に至るまでには、多くの災難にも遭遇した「日光」。
大火による焼失、台風による被害で神橋他多数の建造物が流された。

Img_27321

また、中禅寺湖周辺にあった各国の大使館は、
戦争により帰国したため、外国人観光客は激減、
再び荒廃の道へと向かっていってしまう。

この本は、明治期から昭和の世界大戦までの間の「日光」。
そして「日光」を愛し活躍した人たちの事が書かれている本なのである。

戦後、地元の観光活動が「東照宮を主役」とし、
再び世界遺産「日光」にまで脚光を浴びるが、
その傍ら、消えてゆく路面電車、
馬返しから明智平までのケーブルカー、
これらは新時代への妨げになってしまったようだ。

Img_27311

しかし、消えていった路面電車が
再び「日光」へと戻ってきた。
Img_02561
「ちろりん村」の山本さんは、古き良き時代の遺産として、
自らの敷地内に当時活躍した路面電車を移設し、
永久保存しているのである。
ここでも「日光」を愛する男が一人いる事を発見することができた。

今日の管理人の一言!
これは、日光の歴史が分かる貴重な本です!

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 日光のグルメ 333 お食事処 こまくさ 焼肉中華風定食を食べる! | トップページ | 日光焼きそばまつり2013  優勝は「晃のや」さん! »

日光市街」カテゴリの記事

「ふぃふぁ山荘」特派員」カテゴリの記事

日光の歴史」カテゴリの記事

日光で学ぶ!」カテゴリの記事

コメント

特派員Oさん「ありがとう」。
これがもう一つの日光なんです。
この本の作者は私の大切な先生です。
また新たな日光の話でお酒をかわしたいですねー。

投稿: 徳次郎 | 2013年11月26日 (火) 21時25分

 日光の歴史は、他の避暑地とは全く違うものを感じます。
日光に住んでよかった。と思いながら読んでました。

山本さん、飲みましょう。

投稿: 太田君 | 2013年11月27日 (水) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/58465723

この記事へのトラックバック一覧です: 特派員O  雨の日は「日光鱒釣紳士・避暑地物語」を読む:

« 日光のグルメ 333 お食事処 こまくさ 焼肉中華風定食を食べる! | トップページ | 日光焼きそばまつり2013  優勝は「晃のや」さん! »