« 特派員O 「日光お宝っぷ」に釣られ、食べ歩き~ お好み焼き 火の車 | トップページ | 特派員O 鬼怒川の名工「山越木工房」に行く »

2014年2月28日 (金)

茂木町ゆずの里かおり村 会長から頂いた拘りのお米

Dscf5286

国土交通省観光カリスマ 石河さんから直接頂いたお米。

拘りの内容が、袋に書いてある。

効率中心のコンバイン刈取りでは、
稲がまだ水を要求してるのにストレスで枯死してしまうと、
刈り取る直前まで、山間地の清水を田に張り冷やし続け、
刈り取りは、まだぬかっているので手刈りが主。

そして、、、
  

Dscf6167
機械乾燥はせず、全て稲架だ!
太陽の恵みの自然乾燥で、藁に含まれるミネラル・
カルシューム等が、最後まで稲穂が吸収し、
栄養価の高い米になる。
農薬は田植え直後の1回のみで、あとは一切使用しない拘りのお米です。

昔の農家の米作り!
機械化が進み、効率中心になった現在の農業。
しかし、理屈では分からなかった大切な行程や、
技術まで省かれてしまったような気がします。

当時は分からなかったことが、
今の分析技術で大切な行程だったと気づく、、、

これは、農業だけではなく、色んな分野で、
沢山の人が、なんとなく気づき始めていることですね。

後戻りが、最先端!

今日の一言!
ゆっくり、じっくり味わわせて頂きます!

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 特派員O 「日光お宝っぷ」に釣られ、食べ歩き~ お好み焼き 火の車 | トップページ | 特派員O 鬼怒川の名工「山越木工房」に行く »

栃木県」カテゴリの記事

街づくりのこと」カテゴリの記事

宿帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/58850423

この記事へのトラックバック一覧です: 茂木町ゆずの里かおり村 会長から頂いた拘りのお米:

« 特派員O 「日光お宝っぷ」に釣られ、食べ歩き~ お好み焼き 火の車 | トップページ | 特派員O 鬼怒川の名工「山越木工房」に行く »