« 金谷ホテル バーデイサイトで、(ARDBEG)アードベッグ17年を飲む! | トップページ | 日光のグルメ 418 純喫茶 アラジン 懐かしのクリームソーダを飲む! »

2015年8月21日 (金)

足尾歴史館 ガソリンカー一般乗車会に行ってきたよ~

Dscf2331001

足尾町で、大正末期から昭和28年まで走っていた足尾ガソリン軌道。
前身は足尾銅山馬車鐵道で、古河橋のある精錬所入口の赤倉~小滝までの約20キロを旅客や物資搬送の為に走っていたというトロッコ軌道です。

今でも地元の人は、
当時ガソリンカーが走っていた道を、
親しみを持ってトロ道と呼んでいる。

Dscf8428001

このガソリンカーを、
足尾歴史館が2010年に完全復元し、屋外展示場にて、
毎月第1土日に一般乗車会を開催しています。

当時、T型フォードを改造して作られたというガソリンカーは、
保存車両はなく、写真と設計図を元に忠実に復元したそうだ。

Dscf2333
復刻に関わった一人、
NPO法人足尾歴史館 ガソリンカー軌道班の須永さんは、
毎月東京から、乗車会のために足尾を訪れている。

Dscf2288

1928年型の4気筒3285cc 40psを誇る
往年のフォード社のエンジン!

Dscf2290

運転を担当していたのは、足尾で自動車修理工場を営む町田さん!
後で、ネットで調べたら、オイラの母校の先輩で、
大学に残っていたA型フォードの復活にも関与されていたのでした~

Dscf2300

では、ビス1本の位置も正確に再現したという
足尾ガソリンカーに実際に乗ってみましょう~
 

Dscf2319

フォードエンジンの音が豪快に鳴り響く中、
須永さんが、車内アナウンス!

結構スピードが出るのです。
Dscf2323
動画をどうぞ! 

Dscf2308

全長が妙に短く、何とも愛らしい車体。

Dscf2315
このハンドルは、ブレーキだそうだ。

Dscf2311
客車も足尾の材木を利用して復活。

Dscf2317

日光軌道もそうだけど、廃線となってしまった今、
残しておけば良かったと思う日光の「MOTTAINAI」ですね~

今日の一言!
今、これが街中を走れば、住民の便利な足となるでしょうし、
観光客も喜ぶでしょうね~


足尾歴史博物館 屋外展示場

住所 日光市足尾町松原2825
電話 0288-93-0189

4月1日~11月30日
入場料 350円 子供250円(小学生以上)

ガソリンカー乗車会 毎月第一(土)(日)
10:00~16:00

入場料で乗車出来ます。

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 金谷ホテル バーデイサイトで、(ARDBEG)アードベッグ17年を飲む! | トップページ | 日光のグルメ 418 純喫茶 アラジン 懐かしのクリームソーダを飲む! »

足尾地区」カテゴリの記事

日光の歴史」カテゴリの記事

日光の行事・イベント」カテゴリの記事

日光で学ぶ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/62083236

この記事へのトラックバック一覧です: 足尾歴史館 ガソリンカー一般乗車会に行ってきたよ~:

« 金谷ホテル バーデイサイトで、(ARDBEG)アードベッグ17年を飲む! | トップページ | 日光のグルメ 418 純喫茶 アラジン 懐かしのクリームソーダを飲む! »