« 日光のグルメ 67-3 焼きそば「きっかぶ」 限定「きっかぶ焼き」を食べる!(鬼怒川温泉) | トップページ | 日光のグルメ 435 酒処わらべ 超穴場の居酒屋を発見!w (瀬尾) »

2015年11月25日 (水)

日光のお土産 85 自家製日光田舎みそ 角丸醸造元 3年熟成味噌と塩麹を食べる!

Dscf2983

東武鬼怒川線大桑駅近く、旧国道121号線会津西街道沿いに、
一軒の味噌の醸造元があります。

角丸味噌醸造店は、
江戸末期創業時は、造り酒屋だったそうで、
その後、昭和22年に酒こうじ造りの技術を伝承して
自家製の田舎味噌造りを始めたそうだ。

建物からして、旨そうなここの味噌は、
全て無添加、手作り、麹をたくさん使用し、
土蔵ぐらで、二年以上天然熟成させた色の濃い極上味噌なのであります。

Dscf2988
ということで、、、
 

Dscf2995

中々手に入らない3年以上熟成させたという麦こうじ粒(630円/kg)と、
2年以上熟成の米こうじ粒(630円/kg)を購入!

麦こうじだけだと、アッサリしすぎるかもしれないので、
米こうじと合わせ味噌にしてみました~

Dscf2992

ここは、懐かしい量り売りをしているので、
各500gで頼んでみました。

おっと! 塩麹も販売していました~

これも量り売りで販売! 100円/100g とリーズナブル。

Dscf2999
これもお土産に購入~

初めて見る、塩麹の量り売り!

Dscf3004

知合いの家へ、お土産に持参して、
無理やり料理をしてもらっちゃいました~w

Dscf3005

奥深いコクと、麹の香りが素晴らしい合わせ味噌!

物凄い量の粒が嬉しいね~

Dscf3010001

塩麹で漬けたきゅうりや茗荷も美味しい~

Dscf3008

日光には、
知られざる名店がまだまだ沢山ありますね~

今日の一言!
日光の老舗和菓子店の湯沢屋さんの酒饅頭は、
ここのこうじを使用しているとか、、、、

角丸味噌醸造店

住所 日光市大桑町53
電話 0288-21-8211
時間 8時~17時半
休み 火曜日

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 日光のグルメ 67-3 焼きそば「きっかぶ」 限定「きっかぶ焼き」を食べる!(鬼怒川温泉) | トップページ | 日光のグルメ 435 酒処わらべ 超穴場の居酒屋を発見!w (瀬尾) »

今市地区」カテゴリの記事

日光のグルメ!」カテゴリの記事

豆腐・味噌・材料」カテゴリの記事

日光のお土産」カテゴリの記事

コメント

味噌もいいけど、酒がいいよ。

投稿: 磯野 | 2015年11月25日 (水) 21時20分

磯野さま 四季桜ですよね~

投稿: ふぃふぁ | 2015年11月25日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/62239067

この記事へのトラックバック一覧です: 日光のお土産 85 自家製日光田舎みそ 角丸醸造元 3年熟成味噌と塩麹を食べる!:

« 日光のグルメ 67-3 焼きそば「きっかぶ」 限定「きっかぶ焼き」を食べる!(鬼怒川温泉) | トップページ | 日光のグルメ 435 酒処わらべ 超穴場の居酒屋を発見!w (瀬尾) »