« 日光のグルメ 434 お食事処 無垢里(むくり) 大室に移転、再オープン! | トップページ | 日光のグルメ 58-2 とんかつ 一彦 絶品ポークソテーを食べる。(今市) »

2015年11月17日 (火)

日光チェンソーアートクラブ 丸太工房を訪れてみました!(三依)

Dscf4658

日光市三依地区に入ると、
お店や施設の入口に必ずといってもいいほど、
このチェンソーアートの作品が置いてあり、
誰が制作しているのか何時も気になっていました。

今回、あの豪雨で被害にあった芹沢地区に行った時に、
丁度、それらしき人が薪を割っていたので、
直撃インタビューをしてみました。

やはり、この方の作品が、
三依に来る人を迎えているチェンソーアートの作者なのでありました!

Dscf4646

芹沢地区の川沿いを車で5分位奥にある
日光チェンソーアートクラブ 丸太工房代表の阿久津金次さんは、
独学でチェンソーアートを学んで15年!

Dscf4653
毎年恒例の鬼怒川の「月あかり花回廊」 など、
地域おこしのために、多くのイベントに参加している方なのであります。

工房の倉庫を覗くと、、、、
  

Dscf4656
沢山の作品が鎮座していました。

下絵もないただの丸太から、立体をイメージして、
瞬時に削りだすチェンソーアートは、
才能がないと難しいのでしょうね。

今回、初めて会ったオイラが、ふぃふぁ山荘と分かり、
特に優しくしてくれましたが、、、、

職人気質の阿久津さん、普段は、見た目がちょっとオッカナイ、、、、

でも笑うと、超カワイイ~のであります。(笑)

Dscf4650
限界集落の三依地区は、とにかくお年寄りが皆元気!

大自然と一緒に暮らしているから、
自然の猛威も受け入れられるのでしょうか? 
起きた事はしょうがないと、今回の災害でも、
皆さん不屈の精神で、前向きに復旧しようと努力しているのであります。

阿久津さんも、今回の災害直後に、いち早く芹沢の復旧に努めた人です。

あ~ 素晴らしき哉、日光人!

阿久津さん曰く、俺も含めて三依には変わり者が多いんだよ~、ww

それが、街を変えるパワーだと気づかせてくれた1日なのでありました。

大自然だけでなく、人が面白くて、
元気なご長寿が沢山いる三依に是非、訪れてみては如何でしょう~

今日の一言!
オイラも、変わり者の仲間に入っちゃったよ~

日光チェンソーアートクラブ 丸太工房

電話 0288-79-0645
メール miyori.akusu.kinji@gmail.com 

人気ブログランキングへ ←清き一票を!今何位?

|

« 日光のグルメ 434 お食事処 無垢里(むくり) 大室に移転、再オープン! | トップページ | 日光のグルメ 58-2 とんかつ 一彦 絶品ポークソテーを食べる。(今市) »

鬼怒川・川治・三依地区」カテゴリの記事

街の噂、伝説を大検証!」カテゴリの記事

素晴らしき哉、日光人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/62608039

この記事へのトラックバック一覧です: 日光チェンソーアートクラブ 丸太工房を訪れてみました!(三依):

« 日光のグルメ 434 お食事処 無垢里(むくり) 大室に移転、再オープン! | トップページ | 日光のグルメ 58-2 とんかつ 一彦 絶品ポークソテーを食べる。(今市) »