« グランドジャンプweb 日光開山の祖「SHODO 勝道上人伝」WEB無料連載中! | トップページ | お食事処けやき ボリューム満点、唐揚南蛮定食を食べる。【日光のグルメ49-10】 »

2016年12月17日 (土)

ラーメンブームの立役者、春木屋本店で、人気NO.1 わんたん麺を食べる!(荻窪)

Image

今から30年前、、、、
この荻窪駅界隈には、ラーメンを食べに来るお客でごった返していた。

時は、バブル時代、、、
グルメ番組による全国的なラーメンブームの中、
この荻窪ラーメンは、これぞ東京ラーメン!と、一大ブームを巻き起こしていた。

荻窪駅前は、春木屋・丸福(白・黄色)・丸長・丸信など、
泣く子も黙る老舗東京ラーメンの激戦区内に、全く売れない「佐久信」を一からリニューアルして行列が出来るお店にするフジテレビの「愛川欽也の探検レストラン」が放映され、その後、伊丹十三の映画「タンポポ」のモデルにもなり、、、

何時の間にか、荻窪ラーメンは恐ろしい位の行列が名物となっていました。

行列が出来る前は、たまに行ってたけど、
何時の間にか足が遠のき、、、、

Image_14

何故か急に懐かしくなり、30年ぶりに意を決して訪れたラーメンブームの立役者の春木屋は、何時の間にか東京3大ラーメンと呼ばれるようになっていた、、、
  

Image_2
今では、ラーメンも多様化して、色んな味のラーメンがあり、ネットで情報が得られるから、直ぐに全国レベルの有名店になるけど、当時の全国レベルのお店は、根強いファンが沢山いるんですね~ 今でも、行列必至のお店なのであります。

メニューに、人気NO.1と書いてある「わんたん麺」1,250円を注文。

Image_1
1,250円!とは、驚異的に高いラーメンですね。
普通の中華そばも850円!

何時の間にか、超高級ラーメン店になっていたんですね~

中太の縮れ麺は、ぼそぼそ感のある懐かしい麺。

Image_5

何時までも冷めない熱々のスープは、
昭和24年創業からの透明感が美しい濃口のスープ。

煮干の出汁が強く残る懐かしいスープ。

これ、これ、この味ですよ~

そして、ツルツルのワンタンが、なんとも美味しい~

Image_9

やはり、春木屋は東京中華そばの王道なのでありました。

荻窪中華そば 春木屋本店

住所 杉並区上荻1-4-6
電話 03-3391-4868
年中無休
時間 11時~21時


今日の一言!
オイラには、記憶に奥底に残るラーメン店なのであります~

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« グランドジャンプweb 日光開山の祖「SHODO 勝道上人伝」WEB無料連載中! | トップページ | お食事処けやき ボリューム満点、唐揚南蛮定食を食べる。【日光のグルメ49-10】 »

東京界隈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/64607223

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンブームの立役者、春木屋本店で、人気NO.1 わんたん麺を食べる!(荻窪):

« グランドジャンプweb 日光開山の祖「SHODO 勝道上人伝」WEB無料連載中! | トップページ | お食事処けやき ボリューム満点、唐揚南蛮定食を食べる。【日光のグルメ49-10】 »