« とんかつ家 しょうが焼き定食を食べる。【日光のグルメ473-3】(今市) | トップページ | ハーブ&カフェ Sotto Voce(そっとぼーちぇ) 再開したので、モーニングを食べに行ってみた!【日光のグルメ 179-4】(松原町) »

2017年6月26日 (月)

野州吟醸味噌(神保栄三久商店)お洒落な蔵元本店で、昔ながらの甘酒を買ってみた!【日光のお土産95】(今市)

P1250313

東武鬼怒川線大谷向駅前に、
とてもお洒落なお店があります。

まるで、青山のブテッィクのような建物は、、、、
なんと!お味噌屋さんなのであります。

敷居が高かそうで、中々入れなかったけど、
昔の建物の時、みそぼーんを購入したことがあるから、
勇気を出して潜入!

その時の記事は→(こちらで)

中に入ると、白一色のシンプルな内装。
ここは、やはりブティックでは?w

P1250329
正面のカウンターを覗くと、、、
 

P1250315
え~ アイスクリームではなく、
お味噌の量り売りコーナーではないですか~

蔵元本店では、昔ながらの量り売りをしてくれるのです。

P1250327
店内を見回すと、、、

P1250319
これまた、お洒落なボトル。

糀これ一杯! 甘酒です!

プレーン(360円)、しょうが(370円)、黒ごま(380円)の3種類があり、
全て無加糖のピュア甘酒です。

P1250320
酒粕から作られる甘酒とは違う、昔ながらの糀の甘酒は、
自然発酵で出来るブドウ糖や酵素がタップリの飲む点滴といわれてる最近話題の健康発酵飲料なのであります。

早速、購入して飲んでみると、、、

あま~~い!

砂糖を全く使用していないで、
こんなに甘くなるなんて感激ですね~

手間暇掛けた糀100%製法で、雑味がなく甘くても後味スッキリ!

甘酒は、江戸時代には夏バテ防止の夏の飲み物だったそうで、
俳句の季語も夏なんだそうです。

きっとその頃の将軍様は、
貴重な天然氷を浮かべて冷たい甘酒を飲んでいたのでしょうね。

P1250575

明治35年この地で創業して、驚きのリニューアルオープンをした神保栄三久商店。お店は新しくなったけど、昔ながらの伝統的な商品は、今も変わらず安定の美味しさなのでありました。

今日の一言!
夏にピッタリ!昔ながらの甘酒、飲んだことない人は是非~

㈲神保栄三久商店

蔵元本店
住所 栃木県日光市今市1402
電話 0288-21-0237
時間 8:00~18:30 
休み 日曜日

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« とんかつ家 しょうが焼き定食を食べる。【日光のグルメ473-3】(今市) | トップページ | ハーブ&カフェ Sotto Voce(そっとぼーちぇ) 再開したので、モーニングを食べに行ってみた!【日光のグルメ 179-4】(松原町) »

今市地区」カテゴリの記事

日光のグルメ!」カテゴリの記事

豆腐・味噌・材料」カテゴリの記事

日光のお土産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/65370480

この記事へのトラックバック一覧です: 野州吟醸味噌(神保栄三久商店)お洒落な蔵元本店で、昔ながらの甘酒を買ってみた!【日光のお土産95】(今市):

« とんかつ家 しょうが焼き定食を食べる。【日光のグルメ473-3】(今市) | トップページ | ハーブ&カフェ Sotto Voce(そっとぼーちぇ) 再開したので、モーニングを食べに行ってみた!【日光のグルメ 179-4】(松原町) »