« 日光人形の美術館は、癒しの美術館だった!(鬼怒川温泉) | トップページ | 小野口商店 たまり漬の素は、魔法の調味料! 【日光のお土産】(今市) »

2017年9月19日 (火)

あわじ食堂 新メニューの旨辛自家製ラー油の酸辣湯麺(スーラータンメン)を食べる! 【日光のグルメ507】(鬼怒川温泉

P1310876
鬼怒川温泉街の裏通りに、昔ながらの食堂があります。

旨いラーメンや焼きそばが食べられると、地元では有名なお店で、
ネットで見ると、1953年創業というから60年以上の老舗のラーメン店なのであります。

中に入ると、テーブル席が2卓の小さな店内です。

創業当時の建物ではないと思うけど、
この小さな店内は、妙に昭和の懐かしい感覚になりますね。

P1310879

メニューは、ラーメン系各種と、焼きそばがメイン。
観光地だけど、どれも地元価格で迷っちゃいますね~

チャーシューメンが600円というのも、相当リーズナブルです。

P1310880

新メニューなのか? 一際目立つ黄色い張り紙に、
自家製ラー油の酸辣湯麺(スーラータンメン)(600円)というのがあったので、注文してみると、、、
  

P1310885
お~ 見るからに辛そうなスープ。

熱々のあん掛けスープが、細麺によく絡んで美味しい~

P1310900
自家製ラー油が結構辛くて、汗が出てきます。
辛さの調整は出来るそうなので、もっと辛くもなるかも。

円やかな酸味は、黒酢だそうで健康に良さそうです。

そして、アクセントのきくらげのコリコリ感が堪りませんね~

P1310901
流石、温泉街の老舗のラーメン店!
温泉街のラーメンって、何処か懐かしくて美味しいね~

尚、ネットでは、日曜日が定休となってますが、
通院日に休むそうなので、不定休だそうです。
そう言えば、訪れた日は日曜日でした。

今日の一言!
ここの焼きそばが、とても気になりますね~

あわじ食堂

住所 日光市鬼怒川温泉滝596
電話 0288-77-0370
時間 11:30~18:30
休み 不定休

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 日光人形の美術館は、癒しの美術館だった!(鬼怒川温泉) | トップページ | 小野口商店 たまり漬の素は、魔法の調味料! 【日光のお土産】(今市) »

鬼怒川・川治・三依地区」カテゴリの記事

日光のグルメ!」カテゴリの記事

中華」カテゴリの記事

ラーメン・焼きそば・餃子」カテゴリの記事

コメント

スーラータンメンは、栄山、香蘭、あさいと、日光でそこそこ食べてますが。あわじさんにもあるとは。
焼きそばとラーメンは食べました。
今度、チャレンジしてみましょう。

投稿: I | 2017年9月19日 (火) 21時45分

Iさま
辛さも選べるようですよ~

投稿: ふぃふぁ | 2017年9月19日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/65722340

この記事へのトラックバック一覧です: あわじ食堂 新メニューの旨辛自家製ラー油の酸辣湯麺(スーラータンメン)を食べる! 【日光のグルメ507】(鬼怒川温泉:

« 日光人形の美術館は、癒しの美術館だった!(鬼怒川温泉) | トップページ | 小野口商店 たまり漬の素は、魔法の調味料! 【日光のお土産】(今市) »