« 雪の野岩鉄道会津鬼怒川線 男鹿高原駅を覗いたら、、、日本有数の秘境駅だった! | トップページ | 道の駅のトイレをご利用される方へ! »

2018年2月15日 (木)

手づくりダイニング 笑顔 本場の津軽郷土料理定食を食べる。【日光のグルメ534】(木和田島)

1p1400902
日光街道水無交差点を大沢方面に走ると、
NIKKO Bagelの手前に昨年10月にオープンした「笑顔」。
ここは、以前、和食処あおやまだった場所です。

立て看板を見ると、津軽郷土料理定食(1,200円)というメニューが、、、そう言えば、生まれてこの方、津軽の郷土料理は食べたことがなかったな~日光で津軽の郷土料理が食べられるとは、、、、

1p1400903

では、店内に潜入してみましょう。

基本的に、以前のお店の時のままだけど、

1p1400950
和室だった奥の部屋は、
テーブル席の洋室に変わっていました。

1p1400909
カウンターに着座すると、、、
 

1p1400918_2
カウンターの上には、おばんざいが並んでます。
メニューを見ると、もつ煮込・生姜焼き・ハンバーグ・唐揚げ定食など、定食の王道が800円高前後でずらり!
でも今回は、迷うことなく津軽郷土料理定食(1,200円)を注文。

そして、ど~~ん!

品数もボリュームも満点!

1p1400937
青森出身の女将さん、
青森の実家から新鮮な食材を送ってもらい料理をいしているそうです。

おばんざいから、
うど・セリ・きゅうりの巣味噌和え

シャキシャキの冬の味覚のセリが美味しいね~

1p1400923
なんこつ大根の煮こみ
ホロホロと肉が剥がれ、程よいコリコリ感が堪りません~

1p1400921

わかめ茎ちくわの煮物。

コリコリ新鮮な今が旬の津軽の茎わかめ!

1p1400932
津軽じゃっぱ汁

「じゃっぱ」とは、津軽弁で「雑把」の意味。
魚と野菜のあら汁ですが、、、

1p1400931
女将さん曰く、
真鱈じゃないと、この旨味はでないのよ~
確かに、この真鱈の甘味は絶品です。

1p1400944
食後は、35コーヒーが付きます。

さて、35とは、、、、

沖縄のサンゴ再生プロジェクトで作り出された、
風化した珊瑚を200℃以上に温めて焙煎した珈琲豆だそうで、35COFFEEの売上の3.5%を使いベビーサンゴを移植する活動だそうです。

1p1400948
雑味がなく円やかでクセのない味わいの珈琲です。
食事をしなくても、珈琲だけでも飲みに行ってみてね~

夜は、ちょっと早く終るけど、
津軽の郷土料理を食べながらお酒も飲めますよ。

ということで、青森と沖縄の融合を楽しめるお店なのでありました。

今日の一言!
よし○君~ 早くHP作ってあげてね~w

手づくりダイニング 笑顔

住所 日光市木和田島3091-17
電話 0288-25-6676
時間 11:00~15:00 17:00~19:30
休み 火曜日 不定期 

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

より大きな地図で 日光観光案内地図 「グルメマップ」 を表示

|

« 雪の野岩鉄道会津鬼怒川線 男鹿高原駅を覗いたら、、、日本有数の秘境駅だった! | トップページ | 道の駅のトイレをご利用される方へ! »

今市地区」カテゴリの記事

日光のグルメ!」カテゴリの記事

和食」カテゴリの記事

定食・セット・丼物」カテゴリの記事

コメント

行きましたか!

おらもそのうちに。

投稿: I | 2018年2月15日 (木) 21時31分

○=Y?

投稿: I | 2018年2月15日 (木) 21時37分

Iさま
お陰さまで週末営業してました~
よし○君と知合いだそうです~

投稿: ふぃふぁ | 2018年2月15日 (木) 21時47分

ほー、津軽。

食べてみたいっす。

投稿: I | 2018年2月16日 (金) 21時26分

Iさま
どうぞ~

投稿: ふぃふぁ | 2018年2月17日 (土) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/66362231

この記事へのトラックバック一覧です: 手づくりダイニング 笑顔 本場の津軽郷土料理定食を食べる。【日光のグルメ534】(木和田島):

« 雪の野岩鉄道会津鬼怒川線 男鹿高原駅を覗いたら、、、日本有数の秘境駅だった! | トップページ | 道の駅のトイレをご利用される方へ! »