« 日光Y&Tスーパーエスパーは、日光一の宴会部長だった!@幾何楽堂  | トップページ | 本陣カフェ@ニコニコ本陣 美味しサンドウイッチモーニングを食べる。【日光のグルメ552】(今市) »

2018年5月24日 (木)

TEN to MARU(てんとまる)  お洒落な伝統工芸品・日光彫御朱印帳を販売中!【日光のお土産101】(安川町)

1p1460061
日光二社一寺のお膝元の山内安川町にあるTEN to MARU(てんとまる)は、女性店主ならではの、日光のお洒落な逸品が揃う人気の雑貨店です。
中でも、御朱印帳は大ヒット!

前回の記事は→(こちらで) この記事は、2年前に書かれた記事ですが、累計閲覧数が約6,000pv!その内の検索流入が3,600pv。今年も半年で約900pvと、大人気店となっています。検索キーワードは日光御朱印が多いのだから、どれだけ御朱印が流行っているのかが分かります。

先日、車でお店の前を通ると、、、
日光を訪れる御朱印ガールの聖地となっているようで、
女子達がここで販売しているお洒落な御朱印帳に群がっていました。w

1p1460079
ちょっと、車を停めて中を覗いてみると、、、
 

1p1460081
栃木の隠れた名産、お洒落なお土産が沢山並んでいます。
中でもお洒落な御朱印帳は、大人気!

因みに、二荒山神社、日光山輪王寺、日光東照宮の二社一寺がある日光山内は、全国でも屈指の数の御朱印をいただける場所だそうです。
広大な敷地の山内の御朱印所を巡り、じっくり観光するのなら、是非、宿泊をオススメいたします。
TEN to MARUでは、オリジナルの日光御朱印マップも制作していて、御朱印所などの情報も教えてもらえますよ~

1p1460063

ありました!最近話題となっているTEN to MARUと、松原町の「村上豊八商店」が共同開発した日光彫の御朱印帳。

伝統工芸品の日光彫は、日光東照宮造営のために徳川家光により、全国から集められた彫物大工の名匠たちが、その腕を活かして作ったのが始まり。

1p1460067

表紙は、日光ならではの神橋・三猿・ニッコウキスゲ・桜・金魚など約10種類のデザインで、名前を入れるなどのオーダーメイドも出来るそうだ。

1p1460071

金額は一冊4,500円位~ 
是非、日光の伝統工芸品と一緒に、
日光の旅の思い出を作ってください。

今日の一言!
日光市全域の御朱印って、いったい幾つあるのでしょうか?

てんとまる

住所 日光市安川町4-23
電話 080-1224-8630

時間 11時頃~16時頃
休み 不定休  お店の情報は → (こちらで)

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 日光Y&Tスーパーエスパーは、日光一の宴会部長だった!@幾何楽堂  | トップページ | 本陣カフェ@ニコニコ本陣 美味しサンドウイッチモーニングを食べる。【日光のグルメ552】(今市) »

日光市街」カテゴリの記事

日光のお土産」カテゴリの記事

日光のショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/66716736

この記事へのトラックバック一覧です: TEN to MARU(てんとまる)  お洒落な伝統工芸品・日光彫御朱印帳を販売中!【日光のお土産101】(安川町):

« 日光Y&Tスーパーエスパーは、日光一の宴会部長だった!@幾何楽堂  | トップページ | 本陣カフェ@ニコニコ本陣 美味しサンドウイッチモーニングを食べる。【日光のグルメ552】(今市) »