« 水を大切に!鬼怒川水系ピンチ!!(2018年7月現在) | トップページ | 七滝 日光の滝 (上三依) »

2018年7月19日 (木)

日野為商店 お休み処「叶」 歴史の古民家カフェがオープン!【日光のグルメ563】(今市)

1p1490065
江戸時代から、この今市の日光街道沿いで「叶一」といブランドで味噌・醤油を販売している日野為商店が、2018年7月1日に、創業150周年を機に、気軽に休める街の茶屋「お休み処叶」を併設して、リニューアルオープンしました。

創業1868年(慶応4年)江戸末期の建物をそのままに、
店内には、カフェを併設していて、明治~大正・昭和の各時代の貴重な生活用品や蔵出しの資料をギャラリーとして展示もしています。

1p1480947
中を覗いてみると、、、
 

1p1480953001
天然醸造味噌やたまり漬けの素や醤油を販売している一角、
使われていなかった開かずの帳場を改装して、見るからに高価な骨董品がズラリと並んでいます。

1p1480956
アンティーク好きには堪らない逸品の数々!
火消し半纏や、蔵に眠っていた明治・大正時代に帳場で使用していた備品など、、、

1p1480951001
特別に、金庫の中も見せてもらいました。

1p1480984
分厚い扉の中には、、、
昔はお宝が沢山入っていたのでしょうね。

1p1480985
なんと!大正時代のかき氷の削り機が!

1p1480958
氷をカンナに乗せて削っていたんですね~
当時は、勿論天然氷だったのでしょう。
隣には、お洒落なかき氷専門の器もありました。

1p1480968001
元工場だったお店の奥も拝見させてもらいました。

まだまだお宝が沢山あるようで、
ギャラリーにお目見えするのが楽しみです。

1p1490026

お休み処では、手作りのスイーツや、
懐かしいところてんなどが食べられます。

1p1490057
お店の前にある100年前の文化遺産・会津西街道の道路元標を眺めながら、
モチモチの手作りの焼きたてソーセージパン(150円)と、
すっきり雑味がない水出しアイス珈琲(450円)を頂くのも乙ですね。

1p1490061
落ち着いたら、お酒も飲めるようにしたいそうで、、、
アンティークに囲まれた古民家BARいいですね~

今日の一言!
道の駅ニコニコ本陣からも直ぐ近くなので、
是非、覗いてみてね~

日野為商店 お休み処「叶」

住所 日光市今市473
電話 0288-21-0014
時間 9時~18時 カフェ10時~
休み 水曜日


人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 水を大切に!鬼怒川水系ピンチ!!(2018年7月現在) | トップページ | 七滝 日光の滝 (上三依) »

今市地区」カテゴリの記事

日光のグルメ!」カテゴリの記事

カフェ」カテゴリの記事

日光の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/66951768

この記事へのトラックバック一覧です: 日野為商店 お休み処「叶」 歴史の古民家カフェがオープン!【日光のグルメ563】(今市):

« 水を大切に!鬼怒川水系ピンチ!!(2018年7月現在) | トップページ | 七滝 日光の滝 (上三依) »