« 日光水車蔵 御食事処水車屋 石臼挽きの大海老と舞茸の天ぷらそばを食べる。【日光のグルメ571】(大桑町) | トップページ | やきとん酒場 マルコで、エネルギー補給~ (新大塚) »

2018年9月14日 (金)

湯ノ湖 道祖神の由来を教えて~

1p1500868
湯ノ湖一周の遊歩道を散策していると、
湯の湖から湯滝へ注ぐ川沿いに祠がありました。

日光湯元温泉の歴史は古く、
日光を開山した勝道上人が発見してから開湯1,230年になるそうです。

よく見ると、、、、
 

1p1500871
祠の横には馬頭観音と思われる石碑。
昔々ここに馬で湯治に来た時に、
事故か何かで死んでしまった馬の供養だったのでしょうか?

説明板が無いので、想像が膨らんじゃいますね~w

1p1500872
お賽銭箱が新しくなったので、
お金がたまったら説明板でも作るのかな?w

1p1500874
1p1500876

1p1500874

説明板も無く、家に戻ってネットで調べても、
全く情報が無いので、これでおしまい!

今日の一言!
そぞろ歩きさん~ 後は宜しく~w

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 日光水車蔵 御食事処水車屋 石臼挽きの大海老と舞茸の天ぷらそばを食べる。【日光のグルメ571】(大桑町) | トップページ | やきとん酒場 マルコで、エネルギー補給~ (新大塚) »

奥日光地区」カテゴリの記事

日光の歴史」カテゴリの記事

コメント

連休明けたら名指しをされていてビックリ!(笑)

手元の資料を探して見てみたら、データはこんな。
(印刷物ですが、出典が控えてなかったです。)

馬頭尊 明治三十六卯年八月

石祠 明治三十三年九月二十四日 湯守仲間中 山方一同中

石祠内 山神 年不詳

不動明王 年不詳

======

で、こちらは聞き書きですが。
元々、この場所にあった物では無いようです。

地元の人は、この祠の前で宴会をやった記憶があるとか。
ただ、同時に戦場が原方面が見えたとか。

どうやら現在の道路開通に合わせて移動したようです。
馬頭観音は旅の安全も祈るようですから、道沿いにあったとすれば妥当?


ただ、こんなことを知ってる地元の方がどんどん少なくなっているので、いずれ忘れ去られてしまう歴史なのかもしれません。

調査不足で半端なお返事ですいません m(__)m

投稿: べー太 | 2018年9月23日 (日) 14時13分

ベー太さま
お久しぶりです~ なるほど~
説明板付けたくてもこれでは難しそうですね~
お賽銭箱がやたら立派で、誰が設置したんでしょうね。

投稿: ふぃふぁ | 2018年9月24日 (月) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/67124650

この記事へのトラックバック一覧です: 湯ノ湖 道祖神の由来を教えて~:

« 日光水車蔵 御食事処水車屋 石臼挽きの大海老と舞茸の天ぷらそばを食べる。【日光のグルメ571】(大桑町) | トップページ | やきとん酒場 マルコで、エネルギー補給~ (新大塚) »