« 人気中古レコード店 NOW(ナウ) 年内には移転か? | トップページ | 日光天然の氷四代目徳次郎 第1回目下池の切り出し日1月15日に決定! »

2019年1月10日 (木)

輪王寺 慈眼堂 天海大僧正の墓所を見学。(日光の歴史)

1p1550629
日光のオヤジ達に案内され、初めて訪れた天海大僧正の墓所「慈眼堂」。(重要文化財)
慈眼堂に行くには、大猷院手前の常行堂と法華堂の間の延命坂を上って行くのですが、2011年の東日本大震災後、危険な箇所が出来たため見学が出来なくなっています。(今回、輪王寺さまの許可を得て見学が可能となりました。)

1p1550624001
天海は、徳川三代政権(家康・秀忠・家光)の参謀として関わり、
江戸の地を選び、江戸の都市計画に関わり、家康の霊廟東照宮造営にも関わった人物です。そして、家光と共に、家康21回忌の法要後に東照宮の大改修を行い、現在の豪華絢爛な社殿を造りあげた徳川幕府初期の最重要人物です。

1613年(慶長18年)78歳で日光山輪王寺の住職となり、その後1643年(寛永20年)東叡山寛永寺にて108歳で亡くなり、遺言により、ここ日光の大黒山に埋葬され、後光明天皇より「慈眼大師」諡号を贈られました。

1p1550630

では、境内に入ってみましょう、、、
 

1p1550635

家光が祀られている大猷院の本殿は東照宮を向いているが、家光の墓所である奥の院は、この慈眼堂を向いていることから、家光の天海への思いが伺えます。
またこの慈眼堂は、日光を開山した勝道上人の墓所「開山堂」と一本の線で結ばれていて、日光の鬼門に位置する開山堂に対し裏鬼門となり、日光を守っているそうだ。

1p1550637
拝殿の後ろにある、慈眼大師の墓所は、北関東随一で江戸時代を代表する巨大な石の五輪塔で、周囲を等身大の六部天像(持國天、広目天、増長天、多聞天、梵天天、帝釈天)が守っている。 ここも東日本大震災の影響で、石柵や石垣のズレや石仏の倒壊などがあったようですが、今は綺麗に修理されてました。

1p1550669001
さて、この墓所の前にある線香立ての置物の下台には、
「○二つ引き両」の家紋! これは足利将軍家の家紋!!

1p1550670003

天海は謎の多い人物で、家紋から足利将軍12代・足利義晴の子という説や、日光に明智平という場所があることから明智光秀と同一人物だったという説もある。

1p1550670002
謎の多い日光の歴史に思い馳せ、
訪れてみるのも楽しいかもね。

今日の一言!
この界隈、沢山の名所旧跡があるので、続くのであります。
輪王寺宮の墓は→(こちらで)

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

|

« 人気中古レコード店 NOW(ナウ) 年内には移転か? | トップページ | 日光天然の氷四代目徳次郎 第1回目下池の切り出し日1月15日に決定! »

日光市街」カテゴリの記事

日光の観光・名所」カテゴリの記事

日光の歴史」カテゴリの記事

コメント

気は長く 勤めはかたく 色うすく 食ほそうして 心ひろかれ

どれだけ当てはまりますか?

投稿: I | 2019年1月12日 (土) 20時58分

Iさま 食ほそうして以外は全部OK!100歳まで生きちゃうかな~

投稿: ふぃふぁ | 2019年1月13日 (日) 12時35分

いろは?

投稿: I | 2019年1月13日 (日) 15時17分

Iさま ?

投稿: ふぃふぁ | 2019年1月14日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128596/67518153

この記事へのトラックバック一覧です: 輪王寺 慈眼堂 天海大僧正の墓所を見学。(日光の歴史):

« 人気中古レコード店 NOW(ナウ) 年内には移転か? | トップページ | 日光天然の氷四代目徳次郎 第1回目下池の切り出し日1月15日に決定! »