2017年12月 6日 (水)

国民宿舎かじか荘 足尾温泉 庚申の湯 日帰り温泉行ってきました。

1p1350412

10月1日にリニューアルオープンした国民宿舎かじか荘。

前回は、ランチの投稿でしたが、
今回は、日帰り温泉でも利用できる庚申の湯です。
ここは、何時もハイカーで満員の人気の温泉。

1p1350415
それにしても、綺麗になりましたね~
入口で入浴料を払い、いざ温泉へ!

1p1350420
中に入ると、、、
 

続きを読む "国民宿舎かじか荘 足尾温泉 庚申の湯 日帰り温泉行ってきました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

国民宿舎かじか荘 ソースかつ丼&はちみつアイスを食べる。【日光のグルメ518】(足尾)

1p1350410

2017年10月1日にリニューアルオープンした足尾のかじか荘を訪れた。
中に入ると、内装が一新されていて、
とても気持ちいいですね~

ちょうどお昼時だったので、食堂に入り、
メニューを見ると、足尾名物のソースかつ丼(920円)があったので注文してみました。
宿泊客でなくても食べられます。

1p1350448
待つこと暫し、、、、
 

続きを読む "国民宿舎かじか荘 ソースかつ丼&はちみつアイスを食べる。【日光のグルメ518】(足尾)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

日光の紅葉情報2017 晩秋の足尾を訪れてみた。

1p1350272
東京に車で帰る途中に、久しぶりに足尾に寄ってみました。

写真は全て11月5日現在。

晩秋の足尾は、まだ紅葉が至るところに残っていて、
それは、それで美しい~
今週末まで、街中は見ごろが続くでしょうね。

1p1350315
明治24年、日本初の鉄道道路併用橋となった、
国の重要文化財も古河橋の奥には、真っ赤な紅葉。

生々しい鉱山跡の山肌の麓の紅葉が、
不思議な世界を創り出してます。

11p1350381
そして、小滝方面に足を延ばすと、、、
  

続きを読む "日光の紅葉情報2017 晩秋の足尾を訪れてみた。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

山カフェ神子内(みこうち) イタリアンカフェがオープン!【日光のグルメ506】(足尾)

1p1320306
足尾にイタリアンレストランがオープンしたとう密告が数件届いたので、日光からの帰り道に寄ってみることにしました。

日光から足尾トンネルを抜け、
程なく進むと、右側に山カフェ神子内の看板があります。

学校の様な建物は、元足尾焼きの陶芸のお店で、
陶芸教室もしていたらしく、だからどことなく学校のような感じがするんだね。
すぐ近くの廃校になった神子内小学校の外装をイメージしたのでしょうか?雰囲気が似ています。

1p1320281
では、潜入開始~

1p1320310
余裕のあるレジカウンターの扉を開けると、、、
 

続きを読む "山カフェ神子内(みこうち) イタリアンカフェがオープン!【日光のグルメ506】(足尾)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

こけし 足尾のディープな小料理屋で、美味しい焼き鳥を食べる。【日光のグルメ501】(足尾赤沢)

P1240571
足尾の夜に、ひっそりと佇む一軒の居酒屋。

今回は、通洞駅近くにある、
足尾のデープなお店「こけし」の登場です。

恐らく、ネット初掲載かも~w

何時もは、ホルモン末広で呑んだら、すぐに帰っちゃうんだけど、
今回は、地元の方が一緒だから、夜の足尾の楽しみ方を教わりましたので、皆様にもご伝授いたします。w

P1240560
古くから地元に愛されているお店で、地元婦人会も愛用してるというから、運が良ければ、足尾の綺麗どころに遭遇できるかもしれません。w

では、中に潜入してみましょう~

P1240580

お~ 左側は座敷となっていて、満席ではないですか~

カラオケ楽しんでますね~ 

地元の人オンリーの、ディープなお店の女将さんは、、、

本邦初公開!こけしのしーちゃんは、
栗山の野門地区出身だそうです。

P1240575001

では、着座しましょう、、、
 

続きを読む "こけし 足尾のディープな小料理屋で、美味しい焼き鳥を食べる。【日光のグルメ501】(足尾赤沢)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

ホルモン末広 再開したよ~ 【日光のグルメ106-5】(足尾)

P1240419
長らくお休みだった足尾のホルモン末広が再開したので、
早速訪れてみた!

ここは、吉田類の酒場放浪記でも放送された、
足尾が誇るホルモン専門店。

その時の記事は→(こちらで)

訪れたのは土曜日の午後6時、既に満員御礼!
相変わらずの人気に一安心。

P1240455
何時もの様に、、、
  

続きを読む "ホルモン末広 再開したよ~ 【日光のグルメ106-5】(足尾)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

(非公認)日光穴場宣伝ポスター 【日光市足尾町上の平からのモルゲンロート】

13220932_1174035712615781_530305251

【#007 日光市足尾町上の平からのモルゲンロート】
かつて栃木県内で宇都宮市に次いで2番目に人口の多かった足尾町。
東洋一の銅山の町として栄え、「鉱都」と呼ばれていました。
この場所は、足尾銅山の中心地として発展した「足尾本山」方面が一望できる上の平の高台です。撮影は2016年1月26日です。
朝日によって山並みが真っ赤に染まる現象「モルゲンロート」。その輝きはほんの一瞬の出来事。まるでこの街の光と影の歴史のように…
https://goo.gl/maps/wyfZ4SRxVaF2

写真・文章提供:(非公認)日光穴場宣伝ポスター製作委員会(仮)

地元の方が、日光の穴場スポットをPRしようと、
ご自身で撮影した写真を、観光宣伝ポスター仕立てにしてFBに投稿しています。

写真、キャッチコピー、レイアウトの勉強の為に作ってるそうですが、
クオリティー高すぎで、FBだけでは勿体ないので、
不定期ではありますが、ふぃふぁ山荘でも特集として掲載させて頂きます。

日光と言えば、二社一寺の世界遺産ですが、面積では全国の市では第3位!
栃木県全体の約22%となる広大な面積を誇る市なので、観光客には知られてないスポットが沢山あるのです。

そんな知られざるスポットを観光ポスター風に紹介していきます。

写真がご趣味の方には、
撮影スポットの地図がリンクしてあるので参考にしてくださいね。

今日の一言!
これは、見たことがない!

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

特集!(非公認)日光穴場宣伝ポスター 【 わたらせ渓谷鐵道イルミネーション】

15873377_1375810469104970_8346386_4

【#040 わたらせ渓谷鐵道イルミネーション(1)間藤駅】

「わたらせ渓谷鐵道イルミネーション」。日光市と群馬県桐生市を結ぶ「わたらせ渓谷鐵道」の沿線各駅で毎年開催されているイベントで、まるで「銀河鉄道の夜」の舞台にいるような幻想的な雰囲気を堪能することができます。
毎年、群馬県側からは「イルミネーション号」が運行されていますが、何と今年は日光側からもツアーイベントが実施されています。
「日光旬旅倶楽部」のイルミネーション体験ツアーでは、税込み500円でこのイベントを楽しむことができます。 http://www.nikko-odekake.com/detail.shtml?76
足尾までは、日光の二社一寺周辺から車で約30分。意外と近い場所なのです。まだ見たことが無い方は、ぜひこの機会にお越し下さい。
なお、イルミネーションの点灯は、2月28日まで毎日行われています。

写真の駅は、終点「間藤駅」です。 https://goo.gl/maps/QgVd8MpfyvF2

写真・文章提供:(非公認)日光穴場宣伝ポスター製作委員会(仮)

地元の方が、日光の穴場スポットをPRしようと、
ご自身で撮影した写真を、観光宣伝ポスター仕立てにしてFBに投稿しています。

写真、キャッチコピー、レイアウトの勉強の為に作ってるそうですが、
クオリティー高すぎで、FBだけでは勿体ないので、
不定期ではありますが、ふぃふぁ山荘でも特集として掲載させて頂きます。

写真をクリックすると拡大します。

日光と言えば、二社一寺の世界遺産ですが、面積では全国の市では第3位!
栃木県全体の約22%となる広大な面積を誇る市なので、観光客には知られてないスポットが沢山あるのです。

そんな知られざるスポットを観光ポスター風に紹介していきます。

写真がご趣味の方には、
撮影スポットの地図がリンクしてあるので参考にしてくださいね。

尚、わたらせイルミネーションは、2月28日まで開催中なので、
間藤駅・足尾駅・通洞駅・原向駅の4部作を一挙公開いたします!

ということで、、、、 
 

続きを読む "特集!(非公認)日光穴場宣伝ポスター 【 わたらせ渓谷鐵道イルミネーション】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

植佐食堂 醤油タレの上カツ丼を食べる 【日光のグルメ483】(足尾)

P1070679

足尾通洞駅の街中にある植佐食堂は、
足尾で唯一お寿司が食べられるお店。

広々とした店内は、ホールは50名と、
お座敷は120名利用出来る足尾で一番大きな食堂です。

P1070690
メニューを見ると、
お寿司意外にも、うな重、親子丼、カツ丼などの定食がある。

ということで、、、、
 

続きを読む "植佐食堂 醤油タレの上カツ丼を食べる 【日光のグルメ483】(足尾)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

足尾 龍蔵寺 無縁石塔

P1070632

大宝元年(701年)創設 勝道上人の縁で、
日光山輪王寺を本寺とする天台宗のお寺。
明治20年の大火で焼失したが、同28年に再建。

境内には、明治政府打倒を企てた龍蔵寺住職の大忍坊と、
日光山の僧侶桜正坊のお墓がある。

P1070640

入口付近には、足尾銅山の精錬所からの煙害にり、
廃村となった旧松木村の無縁仏を合祀した無縁石塔がある。

P1070636

旧松木村の無縁石塔
この地に足尾精錬所が建てられたのは、明治17年(1884)である。精錬所で鉱石を溶かす時に出る煙の中には、有害な亜硫酸ガスが含まれ、付近の草木を枯らす、いわゆる煙害が出始めた。
松木村の記録によれば、明治21年には桑の木が全滅し、22年には養蚕を廃止した。20町歩(約20ヘクタール)の農作物(大麦、小麦、大豆、小豆、ヒエ、キビ、大根、人参)は、33年までに次々と無収穫となった。明治25年まで40戸、人口270名だったものが、33年に戸数30戸、人口174名に減り、34年には1戸を残して全員松木を去り、廃村となった。この煙害問題はその後も50年間解決されなかった。
しかし、昭和31年(1956)自溶精錬法が採用され、硫酸工場が建設され、煙からの濃硫酸を採るようになって、やっとその根源を断つことに成功し、問題は砂防、造林事業に移った。たまたま昭和31年、足尾ダム(三川合流ダム)が完成し、日本一の砂防ダムとなった。その折、松木川に添った旧松木村の無縁仏をこの龍蔵寺境内に合祀した。なお、久蔵川に添った旧久蔵村の無縁石塔、仁田元川に添った仁田元村の無縁墓(昭和56年12月建設)もこの境内にある。昭和57年3月   龍蔵寺

今日の一言!
足尾は、史跡が沢山あるな~

人気ブログランキングへ 清き一票を!今何位?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

日光市街 | 霧降高原 所野地区 | 奥日光地区 | 今市地区 | 山久保・小来川地区 | 鬼怒川・川治・三依地区 | 栗山・湯西川・川俣地区 | 足尾地区 | 鹿沼市 | 栃木県 | 群馬県 | 東京界隈 | 福島・会津 | チーム日光・復興支援 | All About Nikko  | 日光の天然氷 | 日光メープルシロップ | 日光寒ざらし蕎麦 | 街の噂、伝説を大検証! | 「ふぃふぁ山荘」特派員 | ヒマラヤ K2登頂記 | 下野新聞投稿記事 | 日光のグルメ! | 和食 | 洋食 | 中華 | 創作料理 | 韓国・タイ・インド・他 | 無国籍・バイキング | カフェ | スイーツ・パン | ステーキ・肉料理 | モーニング | 日光で呑む! |   イタリアン・フランス料理 |  日本料理・割烹 | ラーメン・焼きそば・餃子 | 定食・セット・丼物 | 寿司・海鮮 | 揚げ物・天ぷら | 焼き鳥・串焼き | 郷土料理・ゆば料理 | うなぎ | お好み焼き・もんじゃ | そば・うどん特集 | ハンバーグ特集 | 日光の駅弁・お弁当 | 豆腐・味噌・材料 | 日光のお土産 | 日光の温泉 | 日光の観光・名所 | 日光の歴史 | 日光の自然 | 日光のショップ | 日光の美味しい水 | 日光の行事・イベント | 素晴らしき哉、日光人 | 日光の滝 | 日光アイスバックス・ホッケー | 日光でハイキング・アウトドア | 日光金谷ホテル | 日光で学ぶ! | 日光で遊ぶ! | 日光観光案内マップ | 日光で健康! | 日光RCヨット倶楽部 | 日光に泊まる! | 日光の芸術・文化 | 日光で自転車! | 日光の不動産物件情報 | 日光のその他 | 紅葉 | 草花 | 健康 | 釣り | 公園・レジャー施設 | 田舎暮らし | 街づくりのこと | 川遊び! | 暖炉 | 宿帳 | その他のこと | アウトドア | オーナーシェフ50年! | マイブーム | 出張のこと | 単身赴任のこと | 居酒屋放浪記 | 日光以外の温泉 | 眠り猫 | 製品情報 | ウェブログ・ココログ関連 | 書籍・雑誌 | 音楽